鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



『吾妻鏡』が伝える
比企一族の最期
〜比企能員の変〜

編集:yoritomo-japan.com







 1203年(建仁3年)9月2日、比企能員北条時政邸で暗殺されると、その知らせを受けた比企一族や郎党は、源頼家の嫡男の一幡の館(小御所)に籠って防戦体制を整えるが・・・

 未の三刻(午後2時半頃)、北条政子が比企一族を滅ぼすよう命令を下した。

 派遣されたのは、北条義時北条泰時平賀朝雅小山朝政・長沼宗政・結城朝光畠山重忠・榛谷重朝・三浦義村和田義盛・和田常盛・和田景長・土肥惟光・後藤信康・所朝光・尾藤知景・工藤行光・金窪行親・加藤景廉・加藤景朝・仁田忠常らの大軍勢。

 北条軍に攻めかかられた比企軍は、能員の子比企宗員・比企時員・比企五郎、能員の猶子川原田次郎、能員の娘婿の笠原親景・中山爲重・糟谷有季らが死を賭して防戦。

 申の刻(午後4時頃)まで激戦が続き、北条軍は加藤景朝・加藤景廉らが負傷して後退するが、畠山重忠が力の残っている郎党に入れ替えて攻め込むと、比企軍はその威力に適わず、館に火を放って一幡の前で自刃したのだという。

 頼家の嫡男一幡もこの災難を逃れることはできなかった。

 能員の嫡子だった与一兵衛尉は女装して逃亡を図るが、加藤景廉に梟首され、能員の妻の父渋川刑部丞も処刑されている。


比企一族の墓
リンクボタン比企一族の墓
(妙本寺)
一幡の袖塚
リンクボタン一幡の袖塚
(妙本寺)


比企能員邸跡碑
リンクボタン比企能員邸址碑

 妙本寺のある比企ヶ谷は、源頼朝が乳母の比企尼を迎え入れた場所。


リンクボタン鶴岡八幡宮の巫女の予言から始まった!〜吾妻鏡の物語と比企能員の変〜

リンクボタン浅間大菩薩に祟られた?〜源頼家・仁田忠常〜

リンクボタン『吾妻鏡』が伝える比企能員暗殺

リンクボタン仁田忠常の誅殺







初代執権北条時政


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制



比企能員の変

鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編