鎌倉手帳(寺社散策)

比 企 尼
〜源頼朝の乳母〜


編集:yoritomo-japan.com







比企尼宝篋印塔
リンクボタン比企尼宝篋印塔
(伊豆函南・高源寺)


 比企尼は、武蔵国比企郡の代官だった比企掃部允の妻。

 源頼朝の乳母を務めた女性。


比企尼系図


 平治の乱に敗れた頼朝は、1160年(永暦元年)、平清盛によって伊豆国へと流されるが、比企尼は夫の掃部允とともに京都から武蔵国比企郡へ下り、頼朝が挙兵する1180年(治承4年)までの約20年間、仕送りを続けていた。

 3人の娘婿にも頼朝への奉仕を命じていたのだと伝えられている。







〜長女:丹後内侍〜

丹後内侍系図


 長女の丹後内侍は、惟宗広言と離縁したのち、安達盛長に再嫁。

 盛長は頼朝が伊豆で流人生活を送っている時からの側近。

 娘は頼朝の弟・範頼に嫁いでいる。


住吉大社誕生石
リンクボタン島津忠久の誕生石
(大阪・住吉大社)

 惟宗広言との間の子・島津忠久は、頼朝の落胤という伝説が各地に残されている。

 住吉大社誕生石には、頼朝の子を身籠った丹後局の伝説が残されている。



〜次女:河越尼〜

河越尼系図


 次女の河越尼は武蔵国の豪族・河越重頼と結婚。

 娘は頼朝の弟・義経の正妻(郷御前)。



〜 三 女 〜

三女系図


 三女は伊東祐親の子祐清と結婚。

 伊東祐親が流人の頼朝を討とうとしたとき、そのことを頼朝に知らせて伊豆山権現へと逃したのが祐清だった。

 祐清の死後、平賀義信と再婚。


源頼朝一杯水
リンクボタン源頼朝の一杯水
(熱海)

 一杯水は、伊東祐親に追われ、伊豆山権現へと逃れる途中の頼朝が喉の渇きを潤したという水。



〜養子:比企能員〜

 男子に恵まれなかった比企尼。

 そのため、夫の死後、甥の比企能員を養子とした。

 能員は、1182年(寿永元年)、頼朝の嫡男・頼家が誕生すると乳母夫となっている。



妙本寺
リンクボタン妙本寺

 鎌倉に武家の都を創った源頼朝は、流人時代に世話になった比企尼を鎌倉の比企ヶ谷に迎え入れた。

 『吾妻鏡』によると、1186年(文治2年)6月16日、比企尼から「木陰が涼しく、瓜が食べごろです」と誘われた頼朝は、北条政子とともに尼邸を訪問。

 1187年(文治3年)9月9日には、白菊の咲いた比企尼邸で重陽の節句を祝うため、政子や三浦義澄などを引き連れて訪問している。

 妙本寺は、比企邸跡に建てられた寺院。


瓜ヶ谷
リンクボタン瓜ヶ谷

 北鎌倉の瓜ヶ谷は、比企尼の瓜園があったことからそう呼ばれるようになったのだという伝承がある。


リンクボタン比企氏の乱
(比企一族の滅亡)

リンクボタン北条義時の正妻:姫の前
(比企朝宗の娘)







源頼朝配流地

伊豆・箱根

熱海の頼朝伝説

歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)