鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



北条義時の正室
姫 の 前


編集:yoritomo-japan.com







 姫の前(ひめのまえ)は、比企朝宗の娘。

 源頼朝の御所に勤め、他に並ぶ者のない権勢をもった女官で、しかも、とても美しい容貌で、頼朝のお気に入りだったのだという。

 この素敵な女性に惚れてしまった北条義時は、一年あまりの間、恋文を送っていたのだが、全く相手にされなかったのだという。

 それを見かねた頼朝が「離別することはないという起請文をとって嫁に行くように」と姫の前に話したのだとか。

 こうして、姫の前は1192年(建久3年)9月25日に義時の正室となり、1193年(建久4年)に北条朝時、1198年(建久9年)に北条重時を産む。

 しかし、頼朝亡き後、北条氏と比企氏の関係が悪化。

 そして、1203年(建仁3年)9月2日、北条時政政子、義時によって姫の前の実家の比企氏が滅ぼされてしまう(比企能員の変)。

 『明月記』には、「源具親の子は北条朝時の同母弟」と記されていることから、姫の前は乱後に義時と離別し、京都で源具親と再婚したものと考えられている。

 具親との間に産んだ子は輔通と輔時。

 輔時はのちに朝時の猶子となっている。

 『明月記』によると、姫の前は1207年(承元元年)3月29日死去。



 姫の前の父比企朝宗は、源頼朝の乳母を務めた比企禅尼の子、あるいは、兄弟ともいわれるが、詳細は不明。

 姫の前と離別した義時は、伊賀朝光の娘伊賀の方を継室に迎えている。

鎌倉妙本寺
リンクボタン妙本寺
(鎌倉)

 妙本寺は、比企邸跡に建てられた寺。


比企能員の暗殺・比企氏滅亡







2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制


歴史めぐり源頼朝

源頼朝ゆかりの武将






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時