鎌倉手帳(寺社散策)

郷 御 前

編集:yoritomo-japan.com







常盤御前
リンクボタン源義経妻子の墓
(平泉町)


 源義経の正妻は、河越重頼の娘・郷御前(さとごぜん)。

  『吾妻鏡』によると・・・

 1184年(元暦元年)9月14日、義経に嫁ぐために上洛。

 この婚姻は以前より決まっていたのだと伝えられている(源頼朝の命によるもの)。


義経・郷の婚姻図





〜頼朝が義経を勘当〜

 郷御前が義経に嫁いだ翌1185年(元暦2年)3月、義経は壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼすが・・・

 許可なく官位を受けたことなどの問題で兄・頼朝の怒りを買ってしまう。

 5月、義経は、平家の大将・平宗盛を護送し、鎌倉に凱旋しようとするが、頼朝は義経が鎌倉に入ることを許さなかった。

 6月9日、義経は再び宗盛を護送して京都へと帰るが、「関東(頼朝)において怨みを成すの輩は義経に属すべき」と吐いたのだと伝えられている。

 10月17日には、頼朝の命を受けた土佐坊昌俊が義経の六条室町の邸を襲撃(参考:土佐坊昌俊の義経襲撃)。

 義経は昌俊を返り討ちにするが、11月3日、都を落ちなければならなくなる。

 11月12日には、郷御前の父・河越重頼が義経の舅であることを理由に領地没収された(後に、重頼は嫡男重房と共に誅殺されている。)。

 この頃、郷御前がどうしていたのかは不明だが、『吾妻鏡』の記録からすると、1186年(文治2年)に懐妊したものと考えられるので、京都に戻った義経とどこかに潜伏していたのかと思われる。


延暦寺
リンクボタン比叡山
興福寺
リンクボタン興福寺

 文治2年頃の義経は、比叡山の僧兵や興福寺の聖弘に匿われていたという記録が『吾妻鏡』にある。

 郷御前が一緒だったかどうかは不明。



〜奥州平泉へ〜

 その後、頼朝に追われ続けた義経は、1187年(文治3年)2月10日、伊勢・美濃などを経て奥州平泉の藤原秀衡を頼る。

 郷御前と子も一緒だった。

 一行は、山伏や稚児に変装していたのだという。



〜 最 期 〜

 それから間もなく、秀衡が亡くなり、奥州藤原氏の家督は、次男の泰衡へと引き継がれた。

 秀衡は「義経を主君として、頼朝の攻撃に供えるように」と遺言していたというが・・・

 頼朝の圧力に屈した泰衡は、1189年(文治5年)閏4月30日、義経の衣川館を攻め、自刃に追い込んでしまう。

 義経は持仏堂に入って、郷御前と4歳の娘を殺してから自刃したのだと伝えられている。

 平泉町の金鶏山の麓にある千手堂には、郷御前と4歳の娘の墓が建てられています。



静の舞


 義経をとりまく女性では、静御前が知られている。

 静御前も鎌倉で義経の子を出産しているが、男子だったため、頼朝の命により由比ヶ浜で殺害された。

 義経の子については諸説あるようだが、『吾妻鏡』に記されているのは、郷御前と静御前の子の2人のみ。







奈良・京都

奥州平泉

源義経伝説

歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)