奈良・京都

京都:源氏堀川館跡
左女牛井之跡


編集:yoritomo-japan.com







六条堀川館


 六条堀川館は、源頼義義家・為義・義朝義経の邸宅で、「源氏累代の館」と呼ばれていた。

 1156年(保元元年)の保元の乱では為義が、1159年(平治元年)の平治の乱では義朝が拠点とした場所。

 1185年(元暦2年)10月9日、源頼朝の命により、土佐坊昌俊義経を襲撃したのも六条堀川館での出来事だった(参考:土佐坊昌俊の義経襲撃)。

 同年11月3日、義経が都落ちした後、焼き払われてしまったのだと伝えられている。

 左女牛井(さめがい)は、平安時代からあって名水の湧き出す井戸として知られ、六条堀川館内にあったのだという。
 
 現在では、「左女牛井之跡」と刻まれた碑が六条堀川館唯一の遺跡となっている。



頼義

義家

義親※

為義

義朝

源頼朝





源氏堀川館跡

京都市下京区堀川通五条下る


源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝



若宮八幡宮:六条堀川館
リンクボタン若宮八幡宮

源頼義が邸内に創建した神社。







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり