奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

若宮八幡宮
京都:源氏堀川館跡


編集:yoritomo-japan.com







若宮八幡宮(堀川館跡)


 若宮八幡宮は、1053年(天喜元年)、後冷泉天皇の勅願により源頼義が左女牛(さめがい)西洞院の自邸内に石清水八幡宮を勧請したことに始まる。

 左女牛八幡宮、六条左女牛若宮、六条八幡宮などと呼ばれていた。

 石標には「八幡太郎源義家誕生地」と刻まれている(義家は頼義の子)。

 『吾妻鏡』の1185年(文治元年)12月30日条には、廷尉禅門源為義六条邸跡にある社で、石清水八幡宮を勧請して祀った社であることが記され、源頼朝は、土佐国吾河郡を寄付し、大江広元の弟の季嚴阿闍梨を長官に任命している。

 さらに、1187年(文治3年)には、鶴岡八幡宮(鎌倉)に併せて放生会を始行するよう沙汰し、1190年(建久元年)、1195年(建久6年)に上洛した際には社参しているという。

 室町時代に入っても足利氏からの保護を受け、御所八幡宮と並んで崇敬されたが、応仁の乱の兵火によって荒廃した。

 その後、東山に移転されたが、もとの場所にも小祠が再興されている。







頼義

義家

義親※

為義

義朝

源頼朝



六条堀川館
リンクボタン源氏堀川館跡
(左女牛井之跡)
若宮八幡宮(東山五条)
リンクボタン若宮八幡宮社
(東山五条)

 源氏堀川館は、源頼義義家為義義朝義経の邸宅で、「源氏累代の館」と呼ばれていた。

 五条坂の若宮八幡宮社は、源氏堀川館にあった若宮八幡宮を始まりとする社。


石清水八幡宮
リンクボタン石清水八幡宮







歴史めぐり源頼朝



若宮八幡宮(堀川館跡)
若宮八幡宮社

京都市下京区若宮通花屋町上る若宮町



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり