鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝の一杯水
〜熱海〜


編集:yoritomo-japan.com







熱海:頼朝の一杯水


 伝承によると、伊豆国に流されていた源頼朝は、田方郡伊東荘を領していた伊東祐親の娘・八重姫と結ばれ千鶴丸を授かった。

 祐親が在京中の出来事だったが、京から戻った祐親の怒りに遭い、千鶴丸は殺され、頼朝は走湯権現(現在の伊豆山神社)に逃れた。

 伊東を脱出した頼朝は、網代から舟で赤根崎に上陸。

 険しい山を越える途中で喉が渇くが、水はなく、あきらめて腰を下ろしたところ、太刀の鐺(こじり)が土に当たって湧き出してきたのが「一杯水」なのだという。





一杯水:峠の地蔵尊
峠の地蔵尊

 一杯水の傍らの地蔵堂には、千鶴丸を祀った峠の地蔵尊が安置されている。

一杯水:峠の地蔵尊



 『吾妻鏡』によると、1175年(安元元年)、伊東祐親源頼朝を殺そうとするが、祐親の次男祐清がそのことを頼朝に教えたため走湯権現に逃れることができたのだという。

 その事件が八重姫と千鶴丸の伝説と関係しているのかは定かではない。

熱海:今宮神社
リンクボタン今宮神社
伊豆山神社
リンクボタン伊豆山神社

 「一杯水」で喉の渇きを潤した頼朝今宮神社で開運を祈願したと伝えられている。



一杯水
一杯水からの景色






歴史めぐり源頼朝



熱海:頼朝の一杯水
源頼朝の一杯水

静岡県熱海市上多賀(頼朝ライン沿い)

JR伊東線「伊豆多賀駅」から約4q
徒歩40〜60分程度


熱海と源頼朝の伝説


〜熱海・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)







鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)