鎌倉手帳(寺社散策)

伊東家の菩提寺:東林寺
〜静岡県伊東市〜

編集:yoritomo-japan.com







伊東市東林寺


 東林寺は、伊東祐親が、我が子河津三郎祐泰の菩提を弔うために創建した曹洞宗の寺院。

 もとは、久安年間(1145〜1150年)頃に、真言宗の久遠寺として開かれ、祐親の法号に因んで東林寺と改名され、1538年(天文7年)に曹洞宗へ改宗された。

 伊東祐親は、1180年(治承4年)に源頼朝が挙兵すると平家方に付き、石橋山で頼朝を敗走させたが、富士川の戦いの折に捕らえられ、預けられていた三浦義澄邸で自刃したと伝えられている。

 以後、東林寺は伊東家の菩提寺となった。

 東林寺の向かいの岡の上には、祐親のものと伝わる五輪塔(墓)がある(伊東祐親の五輪塔)。


東征軍の敗走・・・富士川の戦い(okadoのブログ)





〜河津祐泰と曽我兄弟〜

 伊東祐親の子河津三郎祐泰は、1176年(安元2年)、工藤祐経との領地問題のもつれから殺害された。

 祐泰の子は、母の再婚先の曽我家で成長し、1193年(建久4年)に源頼朝が催した富士裾野の巻狩りの際に仇討ちを決行し、見事に工藤祐経を討ち取っている。

 これが有名な「曽我兄弟の仇討ち」。

 東林寺には、河津三郎祐泰と子の曽我十郎祐成・五郎時致兄弟の墓がある(参考:相模の武将「曽我兄弟」)。


河津祐泰の墓
河津三郎祐泰の墓


曽我十郎祐成の墓
曽我十郎祐成の墓
曽我五郎時致の墓
曽我五郎時致の墓


頼朝の富士巻狩りと曽我兄弟の仇討ち

曽我兄弟の仇討ち


報復の連鎖〜曽我兄弟の仇討ち〜(okadoのブログ)



〜相撲碑と河津祐泰〜

 河津三郎祐泰は、相撲の決まり手「かわづがけ」の名を残したことで知られている。

 1176年(安元2年)、源頼朝も参加して催された巻狩りでは、その余興で相撲が行われた。

 名手といわれ21連勝していた俣野景久の最後の相手が河津祐泰。

 祐泰は連勝中の景久を「河津掛」で破っている(参考:俣野観音堂(横浜市戸塚区))。

 この巻狩りの帰路、祐泰は工藤祐経によって殺害された。


相撲碑

 河津祐泰と曽我兄弟の墓への参道入口には、1959年(昭和34年)、日本相撲協会による相撲碑が建てられている。


〜河津祐泰落命の地〜
河津三郎祐泰の血塚
リンクボタン河津三郎祐泰の血塚
(伊東市)







〜近くには・・・〜

伊東祐親
リンクボタン伊東祐親館跡
(物見塚公園)

伊東祐親の墓
リンクボタン伊東祐親の墓
伊東市葛見神社
リンクボタン葛見神社
(伊東家の守護神)



伊東市東林寺
東林寺からは、相模灘が見える。

伊東市馬場町2−2−19

JR伊東駅から徒歩20分程度



伊東市源頼朝めぐりMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)