鎌倉手帳(寺社散策)

伊東祐親の五輪塔(墓)
〜静岡県伊東市〜

編集:yoritomo-japan.com







伊東祐親墓


 伊東祐親は、伊豆国田方郡伊東荘を領していた武将。

 伊豆国に流されてきた源頼朝の監視役を任されていた(参考:蛭ヶ小島)。
 
 1180年(治承4年)、源頼朝挙兵すると平家の恩に報いるため、平家方に付いた。

 富士川の戦いの折に捕らえられ、1182年(養和2年)2月14日、相模国の三浦義澄の邸で自害したといわれ、伊東市大原町にある五輪塔が祐親の墓と伝えられている。

 (参考:鐙摺山(葉山町))。





〜伊東祐親・祐清父子の最期〜

 『吾妻鏡』によると、石橋山の戦い源頼朝に敵対した伊東祐親は、1180年(治承4年)10月19日に捕らえられ娘婿の三浦義澄に預けられていた。

 1182年(養和2年)、頼朝の妻政子が懐妊すると助命されるが、同年2月14日、三浦義澄邸で自害した。

 翌日、祐親の子の祐清が死刑となっている。

 祐清は、1175年(安元元年)、頼朝祐親の三女八重姫との間に子をもうけてしまった事件で、祐親頼朝の命を狙っていること知らせた。

 そのおかげで頼朝伊豆山権現に逃げ込むことができたことから、そのことを誉めていたが、祐清は死刑を望んだのだという。 


 祐清は、頼朝の乳母比企尼の三女を妻とし、北条時政が烏帽子親だった。


東征軍の敗走・・・富士川の戦い(okadoのブログ)



〜近くには・・・〜

伊東祐親
リンクボタン伊東祐親館跡
(物見塚公園)

伊東市東林寺
リンクボタン東林寺
(伊東家の菩提寺)
伊東市葛見神社
リンクボタン葛見神社
(伊東家の守護神)






歴史めぐり源頼朝



伊東祐親の墓
伝伊東祐親墓

静岡県伊東市大原町

 伊東祐親の墓は、その館跡と伝えられる物見塚公園から徒歩5分程度。



伊東市源頼朝めぐりMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)