鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



源頼朝が流された地は伊東という説

編集:yoritomo-japan.com







 平治の乱で敗れた源頼朝が伊豆国流罪となったのは、1160年(永暦元年)。

 流された地は蛭ヶ小島とする資料等が多いが、当初は伊東荘を領していた伊東祐継(工藤祐継)に預けられていたという説がある。

 祐継の死後は、伊東祐親が伊東荘を支配するようになり、頼朝は祐親の監視下に置かれて伊東に住んでいたのだという。


蛭ヶ小島
リンクボタンヶ小島
(伊豆の国市)

伊東祐親像
リンクボタン伊東祐親像
(伊東市)



 『曽我物語』によると・・・

 伊豆国流罪となった頼朝は、祐親が大番役で上洛している間に、祐親の三女・八重姫と結ばれ、やがて男児が誕生して千鶴丸と名付けられた。

 しかし、大番役から戻った祐親は激怒し、千鶴丸を殺害。

 八重姫は、頼朝から引き離され、江間小四郎(小次郎)という者に嫁がされてしまう。

 さらに、祐親は、頼朝も討とうとするが、祐親の子祐清が頼朝に身の危険を知らせたことで、頼朝は北条時政館に逃れることができたのだという。

 祐清は、北条時政を烏帽子親とし、頼朝の乳母を務めた比企尼の三女を妻としていた。

北条時政の子義時も江間小四郎と呼ばれていたが別人。

リンクボタン江間四郎・江間小四郎と呼ばれた北条義時

リンクボタン北条政子と北条義時の母は伊東祐親の娘?


〜源頼朝と八重姫ゆかりの社〜

音無神社
リンクボタン音無神社
(伊東市)
日暮八幡神社
リンクボタン日暮八幡神社
(伊東市)


〜富戸の千鶴丸伝説〜

伊東市産衣石
リンクボタン産衣石
伊東市三島神社
リンクボタン三島神社


八重姫



 『吾妻鏡』によると・・・

 祐親が頼朝を殺害しようとしたのは、1175年(安元元年)9月頃のこと。

 『吾妻鏡』には、祐清から知らせを受けた頼朝が、熱海の走湯権現(伊豆山神社)に逃げ込んだことが記されている。


 『曽我物語』と『吾妻鏡』の伝えていることが事実で、繋がりがある事であるなら、頼朝は伊東で暮らした後、1175年(安元元年)9月頃に北条へ脱出したということになるのかもしれない。


〜熱海に残された頼朝逃亡伝説〜

源頼朝の一杯水
リンクボタン一杯水
熱海:今宮神社
リンクボタン今宮神社


伊豆山神社
リンクボタン伊豆山神社







歴史めぐり源頼朝



源頼朝配流地・北条氏発祥地
(伊豆の国市)

伊豆・箱根
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時