鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



江間四郎・江間小四郎
と呼ばれた北条義時


編集:yoritomo-japan.com







 江間荘の在地領主であったことから「江間四郎」あるいは「江間小四郎」と呼ばれていた北条義時

 『吾妻鏡』に北条義時が登場するのは、1180年(治承4年)に源頼朝挙兵して相模国進軍を開始した8月20日。

 この時の名は「北条四郎義時」。

 翌年4月、義時は頼朝の寝所警護11名の一人に選ばれるが、この時の名は「江間四郎」。

 この頃に江間の地を得たのかもしれない。

 以後、『吾妻鏡』では、義時のことを「江間」「北条小四郎」「江間四郎」「江間殿」「江間小四郎」「江間四郎殿」「江間小四郎殿」などと呼ぶようになる。



〜北条と江間〜

 伊豆国で流人生活を送っていた源頼朝は、伊東祐親の娘・八重姫と結ばれるが、平氏を恐れた祐親は、二人の間に生まれた千鶴丸を殺害し、八重姫を江間小四郎(江間小次郎・江間次郎とも)に嫁がせたのだという。

 江間小四郎というと北条義時のことかと考えてしまうが・・・

 『吾妻鏡』からすると、事件が起きたのは1175年(安元元年)頃と考えられ、1163年(長寛元年)に生まれたとされる義時が12、3歳の頃。

 年齢的に無理があるようだし、義時の母は伊東祐親の娘ともいわれ、それが本当であれば、母の姉妹と結婚したということになってしまう。

 頼朝挙兵時の『吾妻鏡』の記述からしても、このころはまだ「江間」を名乗っていなかったようなので別人ということになるのだろう。

 『豆州志稿』には、「頼朝は八重姫が嫁いだ江間次郎を殺害し、その子を義時に育てさせ、元服したのちには義時を烏帽子親として小次郎と名乗らせた」とある。

 また、真名本『曾我物語』によると、江馬(江間)次郎は、頼朝が挙兵した後、伊藤祐清(祐親の子)とともに加賀国で討死し、その子は義時が養育して「江馬小次郎」と名乗らせたのだという。

 さらに、流布本『曾我物語』には、江馬小次郎の死後、跡は北条時政が引継いだことが記されている。

 いずれも語り伝えられてきた話にすぎないが、江間の地が北条氏の所領となる前に、江間小四郎(江間小次郎・江間次郎とも)という人物が支配していたのは確かな事なのかもしれない。

 『吾妻鏡』では、頼朝の挙兵後間もなく義時のことを「江間四郎」と記していることから、江間氏は伊東氏とともに平家方についたため、その所領は北条氏のものとなったのではないだろうか・・・

江間の地は、江葉や江馬とも記されていた。

真名本『曾我物語』からすると、江馬次郎が討死したのは1183年(寿永2年)。


リンクボタン北条政子と北条義時の母は伊東祐親の娘?
〜政子と義時は曽我兄弟といとこ〜



〜源頼朝と八重姫ゆかりの地〜

伊東市・音無神社
リンクボタン音無神社
(伊東市)
伊東市・日暮神社
リンクボタン日暮神社
(伊東市)

伊豆の国市・真珠院八重姫御堂
リンクボタン真珠院八重姫御堂
(伊豆の国市)


リンクボタン源頼朝が流された地は伊東という説


八重姫



〜北條寺の墓塔には「江間小次郎平義時」の文字〜

 「江間四郎」「江間次郎」「江間小四郎」「江間小次郎」・・・

 同一人物のようでもあり、別人のようでもあって、どうもはっきりとしない。


北條寺:北条義時の墓
桜北条義時の墓
(伊豆の国市:北條寺)

 北條寺は、北条義時創建と伝えられている寺院。

 墓地には、北条泰時が建てたという義時と義時の後妻伊賀の方の墓があり、義時の墓には「北條相模守従四位下 江間小次郎平義時」と刻まれている。

 いろんな伝説がある中で、江間小四郎と江間小次郎が混同されてしまったのかもしれない。


〜江間にある義時ゆかりの社〜

豆塚神社
リンクボタン豆塚神社
(伊豆の国市)
珍場神社
リンクボタン珍場神社
(伊豆の国市)

 豆塚神社は、北条義時が崇敬したという社。

 珍場神社には、嫡子安千代丸の霊が祀られている。







〜狩野川を挟んであった親子の館〜

北条氏邸跡
リンクボタン北条時政邸跡
(北条郷)
北条義時邸跡(江間公園)
リンクボタン北条義時邸跡
(江間郷)

 北条義時は、北条郷を本拠とした豪族・北条時政の次男。

 兄の宗時石橋山の戦いで討死したことから、嫡子となったとされる一方で、分家の江間家の初代とも考えられている。

 1189年(文治5年)、時政の後妻牧の方は男児(のちの政範)を産むが、時政は政範に家督を継がせる考えだったという説がある。

 時政の真意は不明だが、北条本家以外にも源頼朝に仕える分家を作り、「時政の子義時」ではなく、「鎌倉御家人の義時」という形を作り上げたかったという考え方もできる。

 もしかすると、頼朝の意向だったということもあるのかもしれない。

 参考までに、頼朝亡き後にとられた十三人の合議制では、親子で名を連ねている。


願成就院
リンクボタン願成就院
(伊豆の国市)

 北条の地にある願成就院は、北条時政源頼朝奥州討伐の戦勝を祈願して建立。

 北条三代(時政、義時、泰時)にわたって、次々に堂宇が建立され繁栄を極めた。



〜義時の子泰時は「江間太郎」〜

 『吾妻鏡』では、義時の子で三代執権となる泰時を「江間太郎」と記している。

リンクボタン小鹿を射止めた金剛(泰時)と矢口の祭り



〜義時の孫光時〜

 光時は、義時の子朝時の嫡子。

 1246年(寛元4年)の宮騒動で江間郷に流され、江間光時と称した。

リンクボタン北条時政の嫡男は誰だったのか?〜石橋山の戦いで討死した北条宗時は?〜



伊豆の国市・源頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






二代執権北条義時


2022年のNHK大河ドラマは
鎌倉殿の13人

北条得宗家の所領だった北鎌倉
山内荘と北条氏

北条氏ゆかりの寺社・史跡
北条氏をめぐる鎌倉

源頼朝と北条氏ゆかりの地
源頼朝配流地・北条氏発祥地


歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時