鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 韮山反射炉
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



北条義時の嫡子安千代丸と大蛇の伝説
〜伊豆の国市:北條寺〜

編集:yoritomo-japan.com







 昔、伊豆国江間の池田郷には、大池があって大蛇が住んでいたのだという。


 伝説によると・・・

 江間小四郎(北条義時)の嫡子・安千代丸が11歳のときのこと。

 陣野村にあった千葉寺の寺子屋で学問に励んでいた安千代丸は、その帰りに大池の大蛇に呑み込まれてしまう。

 家来たちから事件を知らされた小四郎は、大いに怒ったが、大蛇のやったことなので、なすべき手段や方法がわからなかった。

 ある時、小四郎は大蛇の左眼を射た。

 すると、大蛇はどこかへ去っていったのだという。

 その後、池は徐々に浅くなり、田地となって、その地は「池田」と名付けられたのだとか。


伊豆の国市北條寺
リンクボタン北條寺

 北條寺は、安千代丸の死を悲しんだ小四郎が、その菩提を弔うために建てたのだという。

 北條寺の山号は巨徳山。

 ただ、寺伝や伝説によると、義時が建てた頃は萬徳山だった。


珍場神社
リンクボタン珍場神社

 北江間にある珍場神社には、嫡子安千代丸の霊が祀られている。


〜江間小四郎〜

 北条義時は、江間荘の在地領主で、江間小四郎と称していたのだという。

 小四郎ではなく小次郎という文献もある。

 北條寺の義時墓には小次郎と刻まれている。


〜八重姫伝説と安千代丸伝説〜

 八重姫伊東祐親の娘。

 源頼朝と結ばれて男児を産んだが、祐親の怒りに遭い江間小四郎(江間小次郎・江間次郎とも)に嫁がされたのだと伝えられている。

 江間に嫁いだ八重姫が産んだ子は、義時が養育したという伝説もある。

 もしかすると、義時の嫡子だったという安千代丸がその子ということも・・・


リンクボタン江間四郎・江間小四郎と呼ばれた北条義時







〜狩野川を挟んであった親子の館〜

北条氏邸跡
リンクボタン北条時政邸跡
(北条郷)
北条義時邸跡(江間公園)
リンクボタン北条義時邸跡
(江間郷)

 北条義時は、北条郷を本拠とした豪族・北条時政の次男。

 義時は分家の江間家の初代と考えられている。


願成就院
リンクボタン願成就院

 願成就院は、北条時政源頼朝奥州討伐の戦勝を祈願して建立した寺院。



2022年の大河ドラマは北条義時

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制







歴史めぐり源頼朝



伊豆の国市北條寺
リンクボタン北條寺

静岡県伊豆の国市南江間862−1

伊豆箱根鉄道駿豆線韮山駅より徒歩25分



伊豆の国市・源頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






源頼朝配流の地・北条氏発祥の地
(伊豆の国市)

北条の里〜頼朝・時政・政子をめぐる〜
(伊豆の国市)

 伊豆・箱根

熱海の源頼朝伝説

伊東で源頼朝伝説

湯河原・真鶴の源頼朝伝説


特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


7年に一度の御開帳
信濃善光寺
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編