鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

北 條 寺
静岡県伊豆の国市

編集:yoritomo-japan.com







伊豆の国市北條寺


 北條寺は、伊豆の国市南江間にある臨済宗建長寺派の寺院。
 
 鎌倉幕府二代執権北条義時の創建と伝えられている。

 本尊は、源頼朝が源氏再興を祈願したという「木造観世音菩薩坐像」(県指定文化財)。

 義時の父時政も頼朝の挙兵時に武運長久を祈願したのだと伝えられる。

 その他、運慶作と伝わる「木造阿弥陀如来坐像」、義時の姉北条政子の寄進と伝わる「牡丹鳥獣文繍帳」(県指定文化財)を所蔵。

 境内には、北条義時夫妻の墓がある。


北条寺額





〜北条義時夫妻の墓〜

北条義時夫妻の墓

 正面から向かって右が北条義時、左が妻の墓。

 『吾妻鏡』によれば、北条義時は、1224年(貞応3年)6月13日、62歳で急死。

 鎌倉の源頼朝墓の東の山上に葬られたという(参考:北条義時の法華堂)。

 北條寺の墓は、義時の子で三代執権北条泰時が北条氏発祥の地に追善のために建てたものと伝えられている。

北条義時夫妻の墓

 北條寺の案内板には、義時の妻は佐伯氏の娘と記されているが、墓石の側面には藤原朝光の娘と彫られている。

 藤原朝光は藤原秀郷の後裔で、伊賀守に任ぜられてからは伊賀氏を称した。

 朝光の娘(伊賀の方)は、義時が前妻の姫の前と離婚したのちに継室となったとみられ、『吾妻鏡』には、1205年(元久2年)6月21日、義時室(伊賀守朝臣女)が男子(のちの政村)を出産したことが記されている。

 『続群書類従』に載せられている「佐伯系図」には、朝光の女子は政村の母と記されているらしい。

 義時の死後、伊賀の方は兄光宗とともに謀叛を起こしたとされ、伊豆国に流された(伊賀氏の変)。

 『吾妻鏡』によると、1224年(元仁元年)12月24日、伊豆から鎌倉へ飛脚が到着し、伊賀の方の危篤が知らされている。

墓を建てた泰時は、伊賀の方と光宗の謀叛を否定していたのだという。


(参考)
リンクボタン北条義時の正室:姫の前

リンクボタン伊賀氏の変



北條寺阿弥陀如来像
木造阿弥陀如来像

 義時の嫡男だったという安千代が池で大蛇に襲われて亡くなった際、運慶に命じて造らせたと伝えられている像。

 北条義時の十三回忌に造立されたとも伝えられる。



〜狩野川を挟んであった親子の館〜

北条氏邸跡
リンクボタン北条時政邸跡
(北条郷)
北条義時邸跡(江間公園)
リンクボタン北条義時邸跡
(江間郷)

 北条義時は、北条郷を本拠とした豪族・北条時政の次男。

 義時は分家の江間家の初代と考えられている。


願成就院
リンクボタン願成就院

 願成就院は、北条時政源頼朝奥州討伐の戦勝を祈願して建立した寺院。


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人〜十三人の合議制〜

二代執権北条義時







歴史めぐり源頼朝



伊豆の国市北條寺
北條寺

 北條寺の前を流れる狩野川の対岸には、北条館跡とされる史跡がある。

静岡県伊豆の国市南江間862−1

伊豆箱根鉄道駿豆線韮山駅より徒歩25分



伊豆の国市・源頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時