鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



源頼朝・八重姫ゆかりの
音無神社


編集:yoritomo-japan.com







伊東:音無神社


 音無神社(おとなしじんじゃ)は、伊東の中央を流れる音無川(松川)の東岸に鎮座する。

 祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)。
  
 『曽我物語』によれば、平治の乱後、伊豆国の蛭ヶ小島に流された源頼朝は、一時、伊東の北の小御所で暮らしていたのだという。

 その時に出逢ったのが伊東祐親の娘八重姫

 愛し合う二人が密かに会っていた場所がこの神社のある「おとなしの森」だったと伝えられ、裏を流れる松川の対岸の「ひぐらしの森」は、頼朝八重姫に会うため日暮れを待った所といわれている。

 やがて二人の間には男子が生まれ、千鶴丸と名付けられたが、伊東祐親の怒りに触れて殺され、二人の仲も引き裂かれた。


リンクボタン源頼朝が流された地は伊東という説



伊東:音無神社・柄杓
安産祈願の柄杓

 祭神の豊玉姫命のお産が軽かったという神話により、安産・育児・縁結びの神として信仰されている音無神社。

 安産は、柄杓に穴を開けて祈願。

 穴が開いた柄杓は「水が通りやすい」ということで安産につながるのだとか。


伊東:音無神社
玉楠神社

 境内社の玉楠神社には、源頼朝八重姫が祀られているのだという。


伊東:音無神社
タブの木

 「タブの木」は樹齢約1000年といわれ、伊東市の天然記念物に指定されている。


伊東:音無神社
尻つみまつり

 11月10日に催される「尻つみまつり」は、真っ暗な社殿のなかで御神酒を回すときに隣人の尻をつねって合図するという奇祭。

 今日では、囃子のリズムに合わせて尻をぶつけ合う「尻相撲大会」も開催されている。






〜ひぐらしの森の伝説〜

伊東市日暮八幡神社
リンクボタン日暮八幡神社

 『曽我物語』によると、源頼朝八重姫は、昼間は逢うのが難しいので、夜を待って密会を重ねたのだという。

 日暮八幡神社は、源頼朝が日暮れになるのを待ったという「ひぐらしの森」に鎮座する神社。


おとなしの森
 「おとなしの森」と「ひぐらしの森」を結ぶ橋には、音無の森で密会する頼朝と八重姫が描かれている。


〜千鶴丸の菩提寺〜

伊東市最誓寺
リンクボタン最誓寺

 やがて、源頼朝八重姫は男子(千鶴丸)を授かるが、伊東祐親の怒りに遭い、千鶴丸は殺されてしまう。

 その菩提を弔うために建てられたのが最誓寺の前身となる西成寺だったのだという。


リンクボタン源頼朝が流された地は伊東という説



〜富戸の千鶴丸伝説〜

伊東市産衣石
リンクボタン産衣石
伊東市三島神社
リンクボタン三島神社

 富戸にある産衣石は、千鶴丸の伝説が残された石。

 伊東祐親に殺された千鶴丸は、この場所に流れ着いて、甚之右衛門という漁師に葬られたのだと伝えられている。

 産衣石の北に鎮座する三島神社には、千鶴丸が祀られている。


〜源頼朝も伊東祐親に命を狙われた!〜

 千鶴丸を殺した伊東祐親は、頼朝も殺そうと企てたのだと伝えられている。

 そのことを祐親の次男祐清から聞いた頼朝は走湯権現(現在の伊豆山神社)に逃れて助かったのだという。

源頼朝の一杯水
リンクボタン源頼朝の一杯水
(熱海市)
熱海:今宮神社
リンクボタン今宮神社
(熱海市)

 熱海市の源頼朝の一杯水は祐親の手から逃れた頼朝が喉を潤した場所と伝えられ、今宮神社は開運を祈願した社と伝えられている。

 一杯水の傍らには、千鶴丸を供養するための地蔵尊が置かれている。


〜八重姫終焉の地伝説〜

真珠院八重姫御堂
リンクボタン八重姫御堂
(伊豆の国市:真珠院)

 伊豆の国市の真珠院にある八重姫御堂は、源頼朝との悲恋に死んだ八重姫を祀る御堂。

 八重姫の木像と供養塔が安置されている。







八重姫

歴史めぐり源頼朝



伊東市音無神社
音無神社

伊東市音無町1−12

JR伊東駅から徒歩15分



伊東市源頼朝めぐりMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時