鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼり祭鶴岡八幡宮ぼんぼり祭  観音さま観音さまの縁日:四万六千日  黒地蔵縁日覚園寺の黒地蔵縁日   新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

讃岐局の供養塔
〜鎌倉:妙本寺〜

編集:yoritomo-japan.com







讃岐局の墓


 「讃岐局蛇苦止霊之墓」と彫られた石塔。

 比企一族の供養塔の背後、市の天然記念物に指定されているイチョウの古木の下にある。

 『吾妻鏡』によれば、北条政村の娘は、讃岐局に祟られ、蛇のような狂態を見せるようになったが、鶴岡八幡宮の隆弁による加持祈祷によって快復したという。


妙本寺蛇苦止明神
リンクボタン蛇苦止明神
蛇苦止ノ井
リンクボタン蛇形井





〜若狭局と讃岐局〜
(蛇苦止明神は誰を祀るのか・・・?)

 『吾妻鏡』では、北条政村の娘に祟ったのは「比企判官能員女讃岐局・・・」と記載されているが、この「讃岐局」というのは「若狭局」のことなのであろうか。

 それとも、能員には、別に讃岐局という娘がいたのであろうか・・・?。


 若狭局と讃岐局については・・・

@同一人物であり、若狭局はのちに讃岐局と呼ばれた。
A一幡の母が若狭局、政村の娘に祟ったのが讃岐局。

 という見解もあるようだ。

 また、若狭局については、

@一幡とともに比企の乱で焼け死んだとする『吾妻鏡』の説と、
A一幡とともに逃げ延び、2ヶ月あまり経った後、北条義時の郎党に捕らえられ、刺し殺された

 とする『愚管抄』の説がある。


比企氏の乱







歴史めぐり源頼朝



妙本寺
リンクボタン妙本寺

 妙本寺は、源頼朝の御家人比企能員の邸跡に能員の末子能本が建てた寺。
 この地で有力御家人比企氏が滅亡し、二代将軍源頼家の嫡子一幡が焼け死んだ(参考:比企氏の乱)。


鎌倉市大町1−15−1
0467(22)0777

鎌倉駅東口から徒歩8分



北鎌倉の寺社・史跡巡り
小町大路沿い(小町・大町)

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時