鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼり祭鶴岡八幡宮ぼんぼり祭  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

小御所山の琴弾の松
〜源一幡の館の伝説〜

編集:yoritomo-japan.com







琴弾橋
滑川に架けられた琴弾橋


 小御所山とは、二代将軍源頼家の子一幡の館があった山の名。

 一幡の館が「小御所」と呼ばれていたことから「小御所山」と呼ばれる。

 この山には、風がわたると琴を弾くような音がしたことから名付けられた「琴弾の松」という名木があったといわれている。

 蛭子神社の脇を流れる滑川には、小御所山の「琴弾の松」にちなんで、「琴弾橋」が架けられている。





〜 一幡 〜

 一幡は、1198年(建久9年)、源頼家と若狭局(比企能員の娘)との間に誕生し、三代将軍となるはずだった。

 しかし、1203年(建仁3年)9月2日に起こった比企の乱の際に、小御所山で焼け死んだといわれている。

 妙本寺には、焼け跡から出てきたという一幡の袖が祀られている。


一幡の袖塚
リンクボタン一幡の袖塚



〜「ゆるぎの松」と「音松」〜

 明王院門前の二ツ橋にあったという「ゆるぎの松」、材木座の「音松」音松稲荷大明神)、そして、「琴弾の松」は、一直線上にあったのだか。

二つ橋
リンクボタン二ツ橋
音松稲荷社
リンクボタン音松稲荷







琴弾橋
琴弾橋

鎌倉市小町2丁目22付近
蛭子神社そば)

鎌倉駅東口より徒歩5分


リンクボタン小町大路の歴史散策



鎌倉:寺社・史跡めぐり
小町・大町周辺

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時