鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



謀反を企てて誅殺された
畠山重忠の子重慶


編集:yoritomo-japan.com








 『吾妻鏡』によると・・・

 1213年(建暦3年)9月19日、日光山別当の弁覚の使者が鎌倉に到着。

 報告された事は、畠山重忠の末子・重慶が日光山の麓に住んで謀反を企てているというもの。

 源実朝は、長沼宗政に重慶を捕らえてくるよう命じたのだが・・・

 9月26日、宗政が下野国から重慶の首を持って帰着。

 実朝

 「畠山重忠は罪もないの討たれた。

 その末子が謀反を企てたとするなら、捕虜にして調べるべきであるのに殺してしまうとは・・・」

 と嘆いたのだとか。

 その事が宗政に伝えられると

 「重慶の謀反は疑いない。

 生け捕ってくると、政子様や女官の願いで許されてしまうだろう。

 だから殺した」

 と主張。

 さらに、

 「当代は、蹴鞠を業として、武芸は廃れたようなもの。

 女官を部下とし、勇士はないのと同じ」

 などの無礼な言葉を吐いて御所を去ったのだとか。


 長沼宗政は下野国の有力豪族・小山政光の次男。
 問題発言の多い武将だったのだという。





慈光寺観音堂
リンクボタン慈光寺
(埼玉県ときがわ町)

 重慶は、1205年(元久2年)、重忠北条時政の謀略により、武蔵国二俣川で討死すると・・・

 上小寺(現在の埼玉県小川町)の曾祖叔父の重遠を頼って、重忠の遺髪を埋葬し、慈光寺に登って別当を勤めたのだという。





〜日光山とは〜

輪王寺
リンクボタン輪王寺
日光二荒山神社
リンクボタン二荒山神社

 『吾妻鏡』に記録されている「日光山」は、日光の神仏混淆の寺社群で輪王寺二荒山神社

 江戸時代には、徳川家康を祀る東照宮も加わった。



畠山重忠の乱


リンクボタン和田合戦で活躍した日光山の弁覚〜源実朝の護持僧〜








畠山重忠

初代執権北条時政


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制




鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編