鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



歴史めぐり源頼朝
〜大慈寺建立縁起と頼朝の死因〜







 『吾妻鏡』によると・・・

 1212年(建暦2年)10月11日、源実朝は4月18日から建て始めた堂を見るために大倉郷へと出かけました。

 その時、供をしていた三善康信が実朝に霊夢の話をします。


 1198年(建久9年)の12月頃に見た夢のことです。

 頼朝様の供をして大倉山あたりに行きました。

 そこに一人の老人がおりました。

 その老人が言うには、

 「この地は、清和天皇の時代に相摸丞となった文屋康秀(ふんや の やすひで)が住んでいた所。

 ここに寺を建てなさい。

 私が鎮守となりましょう」

 夢から覚めた私は、すぐに頼朝様に報告しました。

 その時、頼朝様は病気療養中でしたが、

 「もし治ったら寺を建てる」

 とおっしゃられました。

 しかし、その希望は叶うことなく翌年正月に亡くなられてしまい、残念に思っておりましたが、実朝さまが自ら願われて建立されますことは、やはり霊感なのでしょうか。


 この年、実朝が建設を始めたのが大慈寺です。


大慈寺跡碑
リンクボタン大慈寺跡碑


 『吾妻鏡』によると・・・

 「源頼朝は、1198年(建久9年)12月に稲毛重成が架けた相模川の橋の落成供養に出席し、その帰路に落馬。

 それからどれほどの時を経ずして亡くなった(1212年(建暦2年)2月28日条)」

 とされています。

 頼朝の死因については諸説あるようですが、

 三善康信源実朝に語った霊夢を見たのが落馬する前の話だったとすると・・・

 頼朝は落馬する前から病気だったということになります・・・


源頼朝墓
リンクボタン源頼朝墓

 1199年(建久10年)1月13日に亡くなった頼朝は、持仏堂に葬られました。

 リンクボタン源義経や安徳天皇の怨霊が・・・








戻る
英雄の死



源頼朝







編集:yoritomo-japan.com


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)