鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

源実朝歌碑
〜鶴岡八幡宮〜

編集:yoritomo-japan.com







源実朝歌碑

「山はさけうみはあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも」


 鶴岡八幡宮境内の鎌倉国宝館前に建てられている源実朝の歌碑。

 関東大震災で倒壊した二の鳥居の柱が使用されたもので、1942年(昭和17年)、鎌倉文化連盟の建立。

 『吾妻鏡』によると、1213年(建暦3年)2月27日、後鳥羽上皇は実朝を正二位に叙した。

 この歌は、それに際して詠んだのだという。

 「山が裂けて、海が干上がるような世であっても後鳥羽上皇を裏切ることはありません」

 参考までに・・・

 この年の5月21日、鎌倉は大地震に見舞われ、「山は崩れ地は裂ける」という状況だったのだという(『吾妻鏡』)。

 その直前には和田合戦が起こり、侍所の別当だった和田義盛が滅亡している。





金槐和歌集
リンクボタン金槐和歌集

 三代将軍源実朝は、政治の実権は母北条政子や叔父北条義時に握られていたが、歌人としての才能を発揮し、その名を世に残した。

 『金槐和歌集』は、実朝が編纂した家集。



〜源実朝を偲ぶ祭事〜
(鶴岡八幡宮)

献詠披講式
リンクボタン献詠披講式

 3月の「献詠披講式」は、和歌に優れた源頼朝源実朝を偲んで行われる神事。 


ぼんぼり祭
リンクボタンぼんぼり祭

 8月の「ぼんぼり祭」の最終日は、源実朝の誕生日。

 白旗神社では「実朝祭」が行われる。

 「吹く風の涼しくもあるかおのづから山の蝉鳴きて秋は来にけり」


文墨祭
リンクボタン文墨祭

 10月28日には、白旗神社源実朝の遺徳を偲ぶ「文墨祭」が行われる。


okadoのブログ

鶴岡八幡宮の献詠披講式〜和歌に精通した源頼朝と源実朝

歌人として名を残した三代将軍源実朝



源実朝歌碑
リンクボタン実朝桜


「風さわぐをちの外山に雲晴れて桜にくもる春の夜の月」

 2011年(平成23年)に流鏑馬馬場に植樹された「実朝桜」の横に建てられている碑にも、源実朝の歌が載せられている。







歴史めぐり源頼朝



鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時