鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



源実朝とアオサギを射落とした吾妻助光と北条義時

編集:yoritomo-japan.com








アオサギ


 吾妻四郎助光は、『吾妻鏡』に弓の名手として登場する人物。

 1204年(元久元年)正月の御弓始めには、和田胤長・榛谷重朝・諏方盛澄海野幸氏望月重隆とともに射手に選ばれている。





 『吾妻鏡』によると・・・

 1207年(建永2年)8月15日の鶴岡八幡宮放生会でのこと。

 警護を命じられていた吾妻助光ら数名の者が任務を怠るという事態が発生。

 急遽代わりの者が手配されたが、将軍源実朝の出発は大幅に遅れ、舞楽の奉納が夜になってしまい、実朝は最後まで観覧することなく還御したのだという。

 8月17日、この事件を重くみた北条義時北条時房大江広元三善善信・二階堂行光は、任務を怠った者を詰問。

 厳しく問いただされた者たちは、

 「身内に不幸があって喪に服していた」とか「病気で体調を崩していた」という返答をしたのだというが・・・

 吾妻助光は理由を述べることができないでいた。

 二階堂行光が

 「武勇をかわれて採用されたにも拘わらず、その任務を怠るとは何事か」

 と??りつけると、助光は、

 「晴れの儀式に鎧を用意しておりましたが、ネズミにかじられ破損してしまったので・・・」

 と弁明。

 行光は、

 「鎧を新調したのか?

 警護の者がおしゃれをするものではない。

 何故、先祖伝来の鎧を使用せず、新調の鎧を使おうとするのだ・・・」

 と叱りつけたのだという。

 そして、助光は出仕を止められることに。


 それから3か月が過ぎた12月3日、御所では酒宴の席が設けられ、北条義時大江広元が参加。

 そこへ一羽のアオサギがやってきて寝殿の上に留まった。

 不快に感じた実朝は、射落とすように命じるが、あいにくそれだけの腕を持った者がいなかった。

 すると、義時が 「吾妻助光を呼び出しましょうか」 と申し上げると、実朝が承諾。

 慌ててやってきた助光は・・・

 衣服を逆さまに着ていたようだが、狙いを定めて矢を放った。

 一瞬、外したようにも見えたが、左の眼から血を出したサギが庭先に落ちてきた。

 助光の放った矢は、鷹の羽を使用したとても強いもので、その矢羽根をサギの眼にかすらせて生け捕りにしたのだという。

 この妙技に感心した実朝は、出仕を許し、剣を与えたのだとか。








源実朝像
リンクボタン源実朝


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉