鎌倉手帳(寺社散策)

紅葉鎌倉は紅葉・黄葉シーズン!  紅葉長谷寺ライトアップ開催中!  紅葉明月院本堂後庭園公開中!  紅葉長壽寺の秋の特別拝観  渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」

長谷寺(長谷観音)

編集:yoritomo-japan.com







鎌倉・長谷寺


 長谷寺は736年(天平8年)の開創と伝えられ、「長谷観音」の名で親しまれている(奈良の長谷寺に対し「新長谷寺」と呼ばれていた。)。

 開山の徳道の願いによって一本のクスノキから彫られたという本尊の「木造十一面観音像」は、高さ9.18メートルで日本最大級。

 ただ、長谷寺が天平の昔からあったという記録はなく、梵鐘の銘文から鎌倉時代後期の建立ではないかと考えられている。

 1年を通じて季節の花が楽しめる寺として人気で、特に6月の眺望散策路(あじさい散策路)に咲く「アジサイ」は必見。

 海の見える寺としても知られ、見晴台や眺望散策路からは由比ヶ浜の海が一望できる。

 12月には、鎌倉ではここだけとなった「歳の市」が開かれている。


 近年では、西大寺流律宗と長谷観音信仰の関係が指摘されており、極楽寺忍性との関係も注目されている。

 鎌倉時代の長谷には、地獄の情景を表す円応寺(新居閻魔堂)があった。
 長谷寺は、その円応寺と極楽浄土へと導く鎌倉大仏とともに浄土信仰に基づく情景を構成する寺院群の一つだったという説もある。


鎌倉観音巡礼第4番札所(十一面観世音)

鎌倉・江の島七福神(大黒天)

開山 徳道
開基 藤原房前(藤原鎌足の孫)
本尊 十一面観世音菩薩


リンクボタン鎌倉の浄土宗の寺


鎌倉・長谷寺
昭和50年代後半の入場券



徳道上人坐像
徳道上人坐像

 かつて長谷寺は、建長寺の塔頭宝珠院の支配下にあったといわれ、観音ミュージアムに収蔵されている徳道上人坐像は禅文化展開の一側面を今に伝えるもの。



リンクボタン坂東三十三観音〜神奈川県の札所〜

リンクボタン童謡・唱歌「鎌倉」に歌われた寺





境内の建築物・施設等
長谷寺・経蔵
リンクボタン長谷寺の境内


 観音堂・十一面観音など、長谷寺の境内をご案内。


新型コロナウイルス関連

 閉館していた観音ミュージアム写経場は6月1日から再開。



長谷観音
リンクボタン長谷寺縁起絵巻

奈良長谷寺の草創と十一面観音造立の由来。
長谷寺・懸仏
リンクボタン懸仏


長谷観音の伝説



長谷寺・四万六日
鶴岡八幡宮の主な祭事・行事
長谷寺の桜
花・景色



かまくら「長谷の市」

 「長谷の市」は、長谷寺をメイン会場として、春(5月)と秋(10月)に開催されるイベント。
 2020年は中止。


長谷寺ライトアップ

 2020年秋の夜間特別拝観は、11月1日(日)〜12月20日(日)。

観音堂レーザーマッピング〜長谷寺ライトアップ〜

 長谷寺の四季と未来をテーマに、観音堂がレーザー照射で演出されます。
 11月7日(土)〜11月23日(月・祝)



〜6月の長谷寺はアジサイ〜
長谷寺・あじさい
リンクボタン長谷寺のアジサイ
鎌倉あじさい巡り
リンクボタン観音山霊験記

 6月の観音山は、2500株を超えるアジサイが咲く七色浄土の世界!

 2020年のアジサイ観賞は事前申込みが必要!



〜長谷寺名物〜
長谷寺・寺まんじゅう
リンクボタン寺まんじゅう
長谷寺・お寺のカレー
リンクボタンお寺のカレー

長谷寺・大吉だんご
リンクボタン大吉ダンゴ

 見晴台や海光庵で海を眺めながら食事。



〜人気のお地蔵さま〜
長谷寺・和み地蔵
リンクボタン和み地蔵
長谷寺・良縁地蔵
リンクボタン良縁地蔵



鎌倉江の島七福神

七福神に仕える動物たち


(京都で始まった七福神信仰)
七福神信仰の歴史





長谷寺・地蔵
リンクボタン海の景色

 長谷寺からは海が見えます。


鎌倉の海

鎌倉:海の見える寺



鎌倉:恋愛・良縁







鎌倉・長谷寺
長谷寺

鎌倉市長谷3−11−2
0467(22)6300

江ノ電「長谷駅」から徒歩5分。


江ノ電で鎌倉



鎌倉:寺社・史跡巡り
長谷・常盤・由比ヶ浜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時