鎌倉手帳(寺社散策)

四万六千日
(しまんろくせんにち)
杉本寺・安養院・長谷寺


編集:yoritomo-japan.com







杉本寺


 「四万六千日」とは、観音さまの縁日。

 この日に観音さまにお詣りすると、四万六千日間お詣りしたのと同じご利益があるとされています。

 もとは京都の清水寺などで行われている「千日詣」ともいわれています。

 鎌倉では、8月10日が「四万六千日大功徳日」(浅草の浅草寺などでは7月10日に行われています。)。

 坂東観音巡礼の札所となっている杉本寺安養院長谷寺には朝早くから多くの参拝者が訪れます。

 (上の写真は杉本寺の散華撒き)


〜四万六千という数〜

 コメ一升が約46000粒であることから、「一升」と「一生」をかけたのだとか・・・





杉本寺
リンクボタン杉本寺

 坂東三十三箇所第一番札所

 行基、慈覚、恵心の三体の十一面観音が安置されている鎌倉最古の寺。

 火事の時に自力で避難した伝説や、下馬観音・覆面観音の伝説が残されている。

 開門午前0時。
 午前6時より大護摩
 午前10時より本尊大法要
 (大法要の前には散華が撒かれます。)

 リンクボタン杉本寺観音堂



安養院
リンクボタン安養院

 坂東三十三箇所第三番札所
 
 安養院の千手観音は、源頼朝の家臣田代信綱が信仰していた観音像を胎内に納めていることから、田代観音と呼ばれている。

 信綱の観音像は、986年(寛和2年)、宋に渡った奈良東大寺の「然(ちょうねん)が持ち帰ったと伝えられるもの。

 「然は、京都の清涼寺「三国伝来の釈迦如来」を伝えた僧として知られている。

 開門午前5時。

 リンクボタン安養院観音堂



長谷寺
リンクボタン長谷寺


 坂東三十三箇所第四番札所

 本尊は、開山の徳道の願いで、稽文会(けいもんえ)と稽主勲(けいしゅくん)という二人の仏師が彫ったいう日本最大級の十一面観音像。

 本尊御姿の御札が配られます。

 開門午前4時
 (午前8時まで自由拝観)。

 リンクボタン長谷寺観音堂


長谷寺
本尊御姿の御札


長谷観音の伝説







四万六千日

 四万六千日の日は、朝早くからお詣りをすることから、「朝詣り」ともいわれてきました。

 三浦半島の人たちは、杉本観音(杉本寺)、長谷観音(長谷寺)、田代観音(安養院)を巡った後、逗子の岩殿観音(岩殿寺)を巡って帰るのが順路となっていたようです。


リンクボタン鎌倉観音巡礼

リンクボタン坂東三十三観音〜神奈川県の札所〜



〜岩殿寺と巡礼古道〜

岩殿寺
リンクボタン岩殿寺
巡礼古道
リンクボタン巡礼古道


 岩殿寺(逗子市)は、坂東観音巡礼第二番札所。

 行基の十一面観音が安置されている古寺です。

 かつて巡礼者が、一番札所の杉本寺から2番札所の岩殿寺に向かうために通った道が巡礼古道

 特に四万六千日の日は巡礼者で賑わった道でしたが、宅地開発によって山が削られたことで道もなくなり、今日では一部が残されているのみとなっています。



〜源頼朝と坂東三十三観音〜

 坂東三十三箇所は、源頼朝の観音信仰と、源平の戦いで西国に赴いた武者たちが、西国三十三箇所の霊場を観たことで、鎌倉時代初期に開設につながったのだといわれています。

 その後、観音巡礼は、西国三十三箇所、坂東三十三箇所に、秩父三十四箇所が加わり、百観音巡礼として発展しました。


しとどの窟
リンクボタンしとどの窟
(湯河原町)

 観音信者だったことで知られる源頼朝

 1180年(治承4年)の挙兵のときには、髷に京都の清水寺から下された「正(聖)観音像」を納めていました。

 のちにその観音像は、持仏堂(法華堂)の本尊とされています(参考:持仏堂の建立)。

 湯河原町のしとどの窟には、頼朝の観音伝説が残されています。



0810大功徳日



8/10鎌倉朝参りMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


夏だ!休みだ!鎌倉だ!

夏・・・江の島







鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)