鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
北条義時 長谷寺紅葉ライトアップ



十一面観音懸仏
〜鎌倉:長谷寺〜

編集:yoritomo-japan.com







長谷寺懸仏


 長谷寺には六面の「懸仏」(かけぼとけ)が残されている(観音ミュージアムに収蔵)。

 六面とも70〜80センチメートルある大型なもので、鏡面の十一面観音像は、右手に錫杖を持っているか、あるいは、持っていた痕跡があり、岩座上に立っていることから、長谷寺の十一面観音像を意識したものと考えられている。

 1326年(嘉暦元年)の銘を刻んだものもあり、六面ともに国の重要文化財に指定されている。

 「懸仏」は、銅などの円板(神社の御神体として祀られる鏡)に仏像を施したもので、柱や壁にかけて礼拝された。

 これは、平安後期の本地垂迹(ほんじすいじやく)の思想から生まれたもので、鎌倉・室町時代に流行。

 長谷寺の懸仏は、大和(奈良)の春日大社を信仰する「春日信仰」を背景に成立したと考えられている。 


長谷寺懸仏

 六面の懸仏のうち三面には、それぞれ嘉暦元年(1326年)、元徳2年(1330年)、元徳3年(1331年)の銘がある。

嘉暦元年懸仏銘文
敬白
奉造立御聖体壱面
新長谷観世音菩薩御宝前
右為依令宿願成就奉造之処也
現世安穏後生善処子孫安楽無病
延命造進如件
嘉暦元年十月九日安部光能
{敬/白}

新長谷寺という名称は、梵鐘の銘文にも見られる。







長谷寺観音ミュージアム
リンクボタン観音ミュージアム


長谷寺
リンクボタン長谷寺

736年(天平8年)の開創と伝えられる古寺。
本尊の十一面観音は木造では日本最大級の仏像で、坂東札所の第4番。

鎌倉市長谷3−11−2
0467(22)6300

江ノ電「長谷駅」から徒歩5分


江ノ電で鎌倉



長谷寺境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編