中世歴史めぐり

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



岡 崎 城
〜徳川家康が生まれた城〜


編集:yoritomo-japan.com








岡崎城


 岡崎城(おかざきじょう)は、三河国守護だった仁木氏の守護代・西郷稠頼が1452年(享徳元年)に築いたことに始まる。

 文明年間(1469−1487)、松平宗家三代当主の松平信光が城主の西郷頼嗣を破り、信光の五男光重が西郷氏の娘婿となり城主となり岡崎松平家が興る。

 1531年(享禄4年)、松平家宗家七代当主の松平清康が岡崎松平家を破って城主となり城郭を整備。

 そして、1542年(天文11年)、清康を継いだ松平広忠に嫡男が誕生。

 名は竹千代(のちの徳川家康)。



〜鳳来寺峯薬師に授けられた
竹千代〜


岡崎城
竹千代像

 竹千代は、松平広忠と母の於大の方鳳来寺に祈願して授かったのだと伝えられている。

 のちに鳳来寺には鳳来山東照宮が建立されている。


鳳来寺
リンクボタン鳳来寺
(新城市)
東照宮
リンクボタン鳳来山東照宮
(新城市)


徳川家康出生伝説





〜今川氏から奪還〜

 松平氏は駿河国の今川氏に従っていたため、竹千代は6歳で今川氏の人質として駿府で過ごすこととなり、1549年(天文18年)に広忠が死去すると、岡崎城は今川氏の支城となってしまうが・・・

 1560年(永禄3年)、桶狭間の戦いで織田信長が今川義元を破ると、松平元康(竹千代)は岡崎城を奪還して今川氏から独立。

 幼い頃に生き別れとなっていた母の於大の方を迎え入れた。

 1562年(永禄5年)には清州城で信長と同盟を結び(清州同盟)、1563年(永禄6年)には義元の一字をもらって名づけられた「元康」を「家康」に改名している。

 同年、三河一向一揆が起こるが、翌年には鎮圧し、三河国支配を安定的なものとする。

 1567年(永禄10年)、遠江国に侵攻して今川氏の曳馬城(引間城)を落とし、翌年には掛川城を開城させて遠江国を手中にすると・・・

 同年、同盟者の信長は美濃攻略に成功し、新たに岐阜城を築き、「天下布武」を政策に掲げている。

 1570年(元亀元年)、岡崎城から曳馬城に移り、新たに浜松城を築いて本拠とし、岡崎城には正室の築山殿が産んだ嫡子・松平信康を入城させたが・・・

 1579年(天正7年)、謀反の疑いをかけられた信康が遠江国の二俣城で自刃すると城代が置かれた。



竹千代と今川義元の銅像
リンクボタン竹千代と今川義元
(静岡駅前)


リンクボタン人質となった竹千代〜織田・今川の人質だった徳川家康〜

リンクボタン元康から家康に改名・松平から徳川に改姓



二俣城跡
リンクボタン二俣城跡
(浜松市)


松平信康廟
リンクボタン松平信康廟
(浜松市・清瀧寺)


西来院月窟廟
リンクボタン築山殿廟堂
(浜松市・西来院)


リンクボタン築山殿〜正室を殺害し嫡男信康を自害させた徳川家康〜





〜伊賀越えで帰還した家康〜

 1582年(天正10年)6月2日未明、本能寺で明智光秀の謀反により織田信長が討たれた(本能寺の変)。

 堺に宿を取っていた徳川家康は、松平氏ゆかりの知恩院で自刃しようと考えたらしい。

 しかし、家臣に説得されて、伊賀越えで三河国に辿り着き、岡崎城に帰還することができたのだという。



本能寺の変


伊賀越え





〜家康誕生の城として重視〜

 1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原征伐後、家康が関東に移封されると、岡崎城は豊臣氏の城となるが・・・

 1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いに勝利すると、「神君出生の城」として神聖化され譜代大名・親藩が城主となった。


岡崎城


 1873年(明治6年)、廃城となり天守以下の建物が撤去され、現在は岡崎公園として整備されている。

 現在の天守は1959年(昭和34年)に復興された









龍城神社
龍城神社

 徳川家康・本多忠勝・天神地祇・戦没者を祭神とする神社。

 西郷稠頼が岡崎城を築いたときに龍神が現れたことから祀られたのが始まりで、岡崎城は龍城とも呼ばれていた。


本多忠勝像
本多忠勝像

 本多忠勝は徳川四天王のひとりで、武田信玄に「家康の家臣にしておくのはもったいない」と称賛された武将。


しかみ像
しかみ像

 三方ヶ原の戦い武田信玄に大敗した家康が描かせた「徳川家康三方ヶ原戦役画像」を基にして製作された石像。


松平元康像
松平元康像


徳川家康像
徳川家康像


からくり時計
からくり時計

 毎時00分・30分に家康の人形が登場して能を舞い、遺訓を語る。


浄瑠璃姫の墓
浄瑠璃姫の墓

 大手門を出た国道1号線沿いにある宝篋印塔は、源義経との悲恋に死んだ浄瑠璃姫の墓といわれる。


浄瑠璃物語









〜松平郷〜

松平氏館跡
リンクボタン松平郷

 三河国加茂郡松平郷は、徳川家康が祖と仰ぐ新田義重の子孫・親氏が辿り着いた地。

 親氏は松平を名乗り、徳川将軍家の礎を築いた。


松平東照宮
リンクボタン松平東照宮
(豊田市)
高月院
リンクボタン高月院
(豊田市)


 松平東照宮は、松平郷の親氏の館跡に創建された家康と親氏を祀る神社。

 高月院は親氏と松平氏二代当主の泰親の菩提寺。


ただ・・・

三つ葉葵
リンクボタン葵紋と賀茂神社

 徳川家の三つ葉葵は、賀茂氏が氏神としていた賀茂神社の神紋に由来するものらしい。

 家康は、新田氏の末裔ではなく賀茂氏の末裔なのかも・・・





〜家康の位牌が納められた寺〜

大樹寺
リンクボタン大樹寺

 大樹寺は岡崎城の北にある徳川将軍家と松平家の菩提寺。

 1616年(元和2年)に亡くなった徳川家康は、

 「@遺体は久能山に埋葬すること、A葬儀は江戸の増上寺で行なうこと、B位牌は三河国の大樹寺に納めること、C下野国の日光山に小堂を造営すること、D京都の南禅寺金地院に小堂を造営すること」

 を遺言していたのだという。





〜家康が合祀された神社〜

伊賀八幡宮
リンクボタン伊賀八幡宮

 伊賀八幡宮は松平氏の守護神として創建され、三代将軍徳川家光が家康を合祀している。





〜家康の祖父清康と父広忠の墓〜

大林寺
リンクボタン大林寺

 大林寺には、徳川家康の祖父松平清康・父広忠・清康夫人春姫の墓がある。





〜家康の父広忠の廟所〜

松平広忠の廟所
リンクボタン松應寺

 松應寺は、徳川家康の父広忠が葬られた地に創建された寺。





〜岡崎城鬼門の守護神〜

瀧山東照宮
リンクボタン瀧山東照宮

 瀧山東照宮は、三代将軍徳川家光が瀧山寺境内に創建。

 久能山東照宮日光東照宮とともに三大東照宮と呼ばれている。





〜岡崎最古の神社〜

菅生神社
リンクボタン菅生神社

 菅生神社は、徳川家康をはじめとする歴代岡崎城主の信仰を集めた岡崎最古の神社。





〜家康の産土神〜

六所神社
リンクボタン六所神社

 六所神社は、徳川家康誕生時に産土神とされた神社。




徳川氏発祥の地〜新田荘〜


松平氏発祥の地〜新田荘〜


東照宮









岡崎城
岡崎城

愛知県岡崎市康生町561

名鉄「東岡崎駅」から徒歩約15分



徳川家康生誕の地
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








中世歴史めぐり


徳川家康


徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮