奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:本能寺

編集:yoritomo-japan.com







本能寺


 本能寺は、1415年(応永22年)、油小路高辻と五条坊門の間の地に日隆が創建した「本応寺」を前身としている法華宗の寺院。

 本応寺は、創建から3年後の1418年(応永25年)、妙法寺の月明によって破却されるが、1429年(永享元年)には内野(現在の西陣あたり)に再建、1433年(永享5年)には六角大宮に土地の寄進を受け再建し、名を「本能寺」と改めている。

 1536年(天文5年)、延暦寺・僧兵による焼き討ちに遭い焼失した後、1545年(天文14年)、四条西洞院に再建された。

 1582年(天正10年)、明智光秀の謀反により織田信長が自刃している(本能寺の変)。






〜織田信長が滞在した寺〜

 本能寺に織田信長が滞在した理由として・・・

 当時の本能寺には、伏見宮第5代邦高親王・日承が住持し、広大な寺地を擁し、堀が廻らされ、土塁・石垣・厩が築かれた要塞だったこと。

 畿内や種子島にまで布教が行われていたため、鉄砲や火薬の入手が簡単だったこと。

 などが挙げられるという。


本能寺信長廟
リンクボタン信長公廟



〜本能寺の変後〜

 本能寺の変後の1592年(天正20年)、豊臣秀吉の命により現在地に移転。

 盛時には末寺92にもなる大寺院となったが、1788年(天明8年)の天明の大火により焼失。

 1840年(天保11年)に再建されたが、1864年(元治元年)の禁門の変(蛤御門の変)に伴う「どんどん焼け」により焼失した。

 現在の本堂は1928年(昭和3年)の再建。

 本堂横には7つの塔頭寺院が建ち並んでいる。


本能寺塔頭
本能寺塔頭



〜嫡子信忠〜

 本能寺の変では、二条御所にいた信長の嫡子信忠も自刃している。

 二条御所跡には、信忠の菩提を弔うために大雲院が建てられた。

 現在、大雲院は祇園に移転している。


大雲院
リンクボタン大雲院







〜大徳寺の葬儀〜

 織田信長の死後100日目にあたる10月10日、豊臣秀吉は大徳寺で盛大な葬儀を執り行った。

 翌年には大徳寺境内に信長の塔所・総見院を創建している。


大徳寺
リンクボタン大徳寺







本能寺
本能寺

京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522

地下鉄東西線「市役所前駅」下車すぐ



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時