奈良・京都

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



信長公廟
〜京都:本能寺〜

編集:yoritomo-japan.com








本能寺信長廟
拝殿


 1582年(天正10年)5月29日、織田信長は、豊臣秀吉の援軍のため僅かな供回りを連れて本能寺に入り、軍勢の集結を待った。

 嫡男の信忠は妙覚寺に入っている。

 6月1日、信長は本能寺で茶会を催した。

 その日の夕刻、明智光秀は丹波亀山を出陣。

 翌2日早朝、本能寺の信長を襲撃した(本能寺の変)。

 信長は、この光秀の謀反によって、本能寺に火をかけ自刃したと伝えられている。

 遺骸は発見されていない。

 嫡男の信忠は二条殿(二条御所)で自刃。

 信長公廟は、三男信孝の命によって建てられたという。 


本能寺信長廟
織田信長墓



本能寺の変





〜大徳寺の葬儀〜

大徳寺
リンクボタン大徳寺


 織田信長の死後100日目にあたる10月10日、豊臣秀吉は大徳寺で盛大な葬儀を執り行った。

 翌年には大徳寺境内に信長の塔所・総見院を創建している。





〜信長が最期を遂げた本能寺〜

本能寺跡
リンクボタン本能寺跡

 本能寺の変が起こった当時の本能寺は、現在地ではなく、四条堀川の辺りにあったのだという。

 跡地には本能寺跡の碑が建てられている。





〜嫡男信忠が自刃した地〜

二条殿址
リンクボタン二条殿址

 信忠が自刃した二条殿址(二条御所址)にある碑。

 焼けた二条殿の跡地には、信忠の菩提を弔うための大雲院が建てられている。



本能寺の変










本能寺
リンクボタン本能寺

 本能寺は織田信長が京での宿所としていた寺。


京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522

地下鉄東西線「市役所前駅」下車すぐ



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時