奈良・京都

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



二 条 殿 址
〜 京 都 〜

編集:yoritomo-japan.com








二条殿址


 二条殿は、南北朝期の公卿・二条良基の邸宅で、戦国期には織田信長が京都における宿所とした。

 1582年(天正10年)の本能寺の変では、ここで信長の嫡男信忠が自害。

 二条殿は焼失した。



本能寺の変





本能寺跡
リンクボタン本能寺跡

 本能寺の変が起こった当時の本能寺は、現在地(寺町御池)ではなく、四条堀川の辺りにあったのだという。

 跡地には本能寺跡の碑が建てられている。


本能寺
リンクボタン本能寺


 本能寺の変で焼失した本能寺は、1589年(天正17年)に豊臣秀吉の命により寺町御池に移転。


本能寺信長廟
リンクボタン信長公廟

 本能寺信長廟は、三男信孝の命によって建てられた。


大雲院
リンクボタン大雲院

 大雲院は、信忠の菩提を弔うため二条殿(二条御所)の跡地に建てられた。

 現在は祇園に移転している。


二条城東大手門
リンクボタン二条城

 現在の二条城徳川家康の築城だが、その前にも二条城と呼ばれたものが複数あったが、信長の宿所だったという二条殿もその一つ。



本能寺の変









=二条殿址=

京都市中京区両替町通御池上る東側
(旧龍池小学校前)



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。





奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時