鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



増上寺安国殿

編集:yoritomo-japan.com








増上寺安国殿


 安国殿は、宗祖法然上人八百年御忌を迎えるにあたって、2010年(平成22年)に建立された。

 本尊は、恵心僧都の作と伝えられる阿弥陀如来立像。

 徳川家康が崇拝し、勝運・厄除けの仏として江戸時代から信仰をあつめてきた。

 金色の像だったが、長年の香煙で黒ずんでしまったことから「黒本尊」(くろほんぞん)と呼ばれ、家康が名付けたのだという。

 秘仏で、開帳されるのは正月・5月・9月の15日(正五九黒本尊祈願会)。

 その他、前立の阿弥陀如来立像、徳川家康の肖像画、徳川家歴代並びに一門の位牌、皇女和宮の等身大像等を安置。





〜源義経の守り本尊だった黒本尊〜

 「黒本尊」(阿弥陀如来立像)は、清和源氏の守り本尊。

 源義朝平清盛常盤御前源義経と伝えられ、義経は奥州平泉に下る際に三河国岡崎の長者に預けた。

 その後、岡崎の明眼寺の本尊となっていたが、徳川家康三河一向一揆の際に明眼寺に身を寄せて難を逃れたことから、守り本尊として岡崎城へ移したのだという。

 この時、明眼寺は「源」の一字を与えられ、妙源寺に改称したのだと伝えられている。

 以来、家康は阿弥陀如来を奉持し、駿府城江戸城へ移された後、増上寺に移されたらしい。



浄瑠璃物語





〜安国殿と呼ばれていた東照宮〜

芝東照宮
リンクボタン芝東照宮

 芝東照宮は、徳川家康像を祀るために増上寺内に創建されたのが始まりで、家康の法名「安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士」より「安国殿」と呼ばれていた。





〜白本尊〜

宝台院
リンクボタン宝台院
(静岡市)

 宝台院は、徳川家康の側室西郷局の菩提寺であり、最後の将軍徳川慶喜の謹慎の地。

 本尊は黒本尊とともに家康の守り本尊だった「白本尊」(しろほんぞん)。

 岡崎の大樹寺から譲り受けたものなのだという。









増上寺
リンクボタン増上寺

東京都港区芝公園4−7−35



増上寺MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








中世歴史めぐり



60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮


紫式部 鎌倉の桜


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部