中世歴史めぐり

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



宝 台 院
〜西郷局の墓・
慶喜謹慎の地〜


編集:yoritomo-japan.com








宝台院


 宝台院(ほうだいいん)は、1507年(永正4年)、鎌倉の光明寺第九世の観誉祐崇(かんよゆうそう)が開創した龍泉寺を始まりとする浄土宗の寺院。

 1589年(天正17年)、駿府城で死去した徳川家康の側室西郷局が葬られ・・・

 1628年(寛永5年)には、西郷局に正一位が贈られ、戒名も「宝台院殿一品大夫人松誉定樹大禅定尼」とされたことから宝台院と呼ばれるようになったのだという。

 正式名称は金米山宝台院龍泉寺。

 1868年(慶応4年)、最後の将軍となった徳川慶喜がこの寺に入って謹慎している。

 本尊は快慶作の「白本尊」(国重文)。 



〜観誉祐崇とお十夜〜

 鎌倉の光明寺「お十夜」は、1495年(明応4年)、観誉祐崇が宮中で「阿弥陀経」の講義を行い、真如堂の僧とともに「引声念仏」を修したことで、後土御門天皇より勅許された。

 これが浄土宗寺院での「お十夜」の始まりとなる。



〜増上寺の黒本尊〜

増上寺安国殿
リンクボタン安国殿
(増上寺)

 徳川将軍家の菩提寺増上寺安国殿に祀られているのは黒本尊。

 宝台院の白本尊とともに家康の守り本尊だった阿弥陀如来立像。





西郷局の墓
西郷局の墓

 西郷局は、二代将軍徳川秀忠・清州藩主松平忠吉の生母。

 通称は、お愛の方。

 1589年(天正17年)5月19日、駿府城で死去(38歳)。



貞宗院御霊屋
リンクボタン西郷局の母
貞宗院の御霊屋

(鎌倉:貞宗寺)





徳川慶喜謹慎の地
徳川慶喜謹慎の地

 徳川慶喜は、江戸幕府十五代将軍。

 1867年(慶応3年)、二条城で政権を朝廷に返上する決定をして明治天皇に奏上(大政奉還)、将軍職を辞した。

 翌1867年(慶応4年)、鳥羽・伏見の戦いが起こると大坂城に入って兵を出すが敗北。

 江戸城が開城すると、水戸で謹慎。

 その後、駿府に移って謹慎することとなる。

 翌年、謹慎を解かれ、紺屋町元代官屋敷(現在の浮月楼)に移っている。


徳川慶喜屋敷跡
徳川慶喜屋敷跡
(浮月楼)









宝台院
宝台院

静岡市葵区常磐町2−13−2

JR静岡駅から徒歩8分



駿府で徳川家康
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








中世歴史めぐり


徳川家康


徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮