紫式部「光る君へ」


藤原道長の最期


編集:yoritomo-japan.com








~出家~


 1019年(寛仁3年)3月、藤原道長は、自邸の土御門殿で出家。

 前月に眼病が重くなり、胸病の発作に襲われるようになっていた。

 戒師は、比叡山の院源。

 法名は行願(のちに行覚)。

 見舞いに訪れた藤原実資は「容顔老僧の如し」と伝えている。

 太皇太后・彰子、皇太后・妍子、中宮・威子、嫡男・頼通らも見舞っている。



京都御苑:土御門第跡
リンクボタン土御門殿跡

 土御門殿は、現在の京都御所の東側にあった道長の邸宅。





~法成寺建立~


 9月には東大寺で改めて受戒し、興福寺春日社をはじめとする大和国の寺社を参詣。

 翌年、浄土往生を願って土御門殿の東側に建立を開始した九体阿弥陀堂(無量寿院)が完成。

 さらに、金堂・五大堂・正妻・源倫子の願による西北院などが次々に建立され、摂関時代の最大の寺院として豪壮を極め、1022年(治安2年)、寺号を法成寺とする。



法成寺址
リンクボタン法成寺址碑


 平安時代、浄土信仰の広まりで阿弥陀堂の建立が盛んに行われた。

 その始まりは慈覚大師(円仁)が延暦寺に建立した常行堂

 道長が帰依した源信が修行をした横川恵心堂は、浄土信仰発祥の地といわれる。

 貴族階級が競うように阿弥陀堂を建立した中で、道長法成寺は最大規模のものだった。



宇治平等院
リンクボタン平等院

 道長の子頼通が建立した宇治の平等院は、法成寺を参考にしたのだという。

 鳳凰堂の阿弥陀如来は、法成寺の造仏を手掛けた定朝の作で、確認されている唯一の遺作。



往生極楽院
リンクボタン往生極楽院
(三千院阿弥陀堂)

 三千院の阿弥陀堂は、恵心僧都源信が父母の菩提のため、姉の安養尼とともに建立したと伝えられている。



中尊寺金色堂
リンクボタン中尊寺金色堂
(奥州平泉)

 中尊寺金色堂は、藤原清衡が1124年(天治元年)に創建した阿弥陀堂。





~最期~


 晩年を法成寺で暮らしていた道長は・・・

 1025年(万寿2年)に三女の寛子・六女の嬉子を失い、1027年(万寿4年)には三男の顕信と次女の妍子を失った。

 そして・・・

 1027年(万寿4年)10月28日、妍子の四十九日法要が営まれた夜から床に伏した。

 病状は日ごとに悪化。

 11月25日には阿弥陀堂に移り、12月2日には医師の但波忠明が呼ばれたが、翌日には重態となる。

 12月4日、九体の阿弥陀仏の手に糸を通し、中尊仏から道長の手に渡され、多くの僧たちの読経の中で薨去(62歳)。





~御堂関白~

 道長は、晩年を法成寺で暮らしたことから「御堂殿」と呼ばれ、のちに「御堂関白」と称されたが、関白にはなっていない。



リンクボタン関白にならなかった御堂関白・藤原道長~内覧と摂政と関白~





~宇治陵に埋葬~


浄妙寺想像図
リンクボタン浄妙寺
(宇治陵)

 12月4日、道長の遺体は棺に移され、陰陽師の占いによって7日夜に法成寺から鳥辺野に移され、葬送の儀が行われた。

 導師は天台座主の院源。

 東大寺興福寺東寺西寺四天王寺などの大寺の僧が来集している。

 儀式が終わると荼毘に付され、遺骨は翌朝に木幡の宇治陵に送られて埋葬された。

 浄妙寺は、宇治陵に藤原道長が建立した寺。

 室町時代に廃絶し、道長の埋葬地も不明となっている。










紫式部


紫式部と越前国


源氏物語 光源氏


琵琶湖で紫式部・源氏物語 平安宮~源氏物語ゆかりの地~


源氏物語~須磨・明石~ 宇治十帖~紫式部『源氏物語』~


紫式部年表



藤原道長


藤原彰子



紫式部・源氏物語・光源氏ゆかりの地めぐり~光る君へ~



葵祭

祇園祭

時代祭




紫式部・源氏物語・光る君へ
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。