鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



承久の乱と関ヶ原


編集:yoritomo-japan.com








不破関跡
不破関跡


 不破関は、672年に起こった壬申の乱の翌年に設置された関所。

 飛鳥浄御原宮を守るために設置されたもので、789年(延暦8年)に廃止されたが、国内騒乱などの非常時には関所を警固する固関使が派遣されていた。

 不破関を境に関東・関西の呼称が使われるようになったともいわれている。

 1221年(承久3年)、打倒北条義時承久の乱を起こした後鳥羽上皇は、固関使を任命して不破関を守らせたと伝えられるが・・・

 藤原秀康をはじめとする朝廷軍は、摩免戸の戦い・杭瀬川の戦いで大敗を喫し、総崩れとなって退却している。


 『吾妻鏡』によると・・・

 朝廷軍を退けた幕府軍の大将軍北条時房北条泰時は、6月7日、東山道・東海道の軍隊を野上・垂井の宿に布陣させた。

 軍議では三浦義村が、

 北陸道の大将軍(北条朝時ら)が上洛する前に軍兵を東へ遣わし、

 「勢多」北条時房

 「手上」は安達景盛武田信光

 「宇治」北条泰時

 「芋洗」は毛利季光

 「淀の渡し」は結城朝光三浦義村

 が向かうという案を出すと、

 泰時は了解し、皆異議はなかったのだという。

 翌8日には摩免戸の戦いでの大敗が後鳥羽上皇に知らされている。



垂井宿
垂井宿
(不破郡垂井町)

 垂井宿は、美濃国一之宮の南宮大社の門前町として賑わった宿場。


垂井宿
旧中山道
(東山道)


大海人皇子野上行宮跡
大海人皇子野上行宮跡
(不破郡関ヶ原町)

 野上宿は、壬申の乱の際に大海人皇子が本営とした地。

 徳川家康関ヶ原の戦いで陣を敷いた桃配山の名は、大海人皇子が村人から献上された桃を兵たちに配ったことによるのだとか。

 園城寺は、壬申の乱で敗れた大友皇子の子・大友与多王が、天武天皇の許可を得て創建した寺。





リンクボタン弓矢の道の習わし〜武田信光と小笠原長清:大井戸の渡し〜

リンクボタン幕府の大軍に立ちはだかった鏡久綱〜承久の乱:摩免戸の戦い〜


瀬田の唐橋
リンクボタン瀬田の唐橋
宇治橋
リンクボタン宇治橋

 瀬田橋宇治橋は京都防衛の要衝地。

 1184年(寿永3年)の源頼朝木曽義仲追討の際にも、源範頼が瀬田を、源義経が宇治を攻めた。


リンクボタン瀬田の合戦〜宇都宮頼業の活躍〜

リンクボタン宇治川の戦い

リンクボタン三浦義村の弟・胤義

リンクボタン佐々木経高の最期

リンクボタン合戦張本の公卿






(参考)
徳川家康 対 石田三成

関ヶ原古戦場
リンクボタン関ヶ原古戦場
(岐阜県関ヶ原町)



木曽川合戦・関ヶ原
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。









〜北条政子の演説〜

 『承久記』(慈光寺本)によると・・・

 後鳥羽上皇北条義時追討の院宣を発したときの北条政子の演説では、武田信光が鎌倉に味方することを表明。

 すると、意義を唱える者はなかったのだという。


リンクボタン北条政子の言葉(『吾妻鏡】)

リンクボタン北条政子の演説(『承久記』)

リンクボタン北条義時追討の院宣
(『承久記』(慈光寺本))





承久の乱

 承久の乱は、後鳥羽上皇が起こした打倒北条義時の兵乱。

 後鳥羽上皇方の敗北により、後鳥羽上皇・順徳上皇・土御門上皇が流され、後鳥羽上皇に加担した公家・武士などの所領は没収。

 朝廷の動きや西国御家人を監視するため六波羅探題が設置された。


宇治川の戦い〜承久の乱〜


瀬田の合戦〜承久の乱〜





京都文化博物館特別展

リンクボタンよみがえる承久の乱
−後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏−

2021/4/6(火)〜5/23(日)

よみがえる承久の乱








鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史




鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編