鎌倉手帳(寺社散策)

北条政子の言葉
〜承久の乱〜

編集:yoritomo-japan.com







北条政子
北条政子
かわいいフリー素材集「いらすとや」より。


 1221年(承久3年)5月14日、後鳥羽上皇が討幕の挙兵(承久の乱)。

 翌日には北条義時追討の宣旨が発せられた。

 鎌倉には5月19日にその報がもたらされ、御家人らの動揺は隠せない状況に。

 そんな御家人らに尼将軍・北条政子は、安達景盛に代読させ源頼朝の恩顧を訴えた。


  『吾妻鏡』によると、 

 「故右大将軍(頼朝)が朝敵を征伐し、鎌倉に幕府を創って以来、官位といい、俸禄といい、その恩は山よりも高く、海よりも深いもの。

 感謝の気持ちは浅くないはず。

 しかしながら、反逆者が事実でない事を訴え、道理からはずれた宣旨が発せられた。

 名声を大切にしようと思う者は、足利秀康・三浦胤義を討ち取り、源氏三代の将軍(頼朝頼家実朝)が遺したものを最後まで守りなさい。

 ただし、後鳥羽上皇のもとに参ろうと思う者は、今すぐ申し出なさい」

 これを聞いた者たちは、命を懸けて恩に報いる決意を返答したのだと伝えられている。

 涙で返答できない者もいたのだとか。


 また、軍議で出た箱根・足柄で徹底抗戦するという慎重論に対しては、「速やかに上洛せよ」と命じた。 


足利(藤原)秀康は、和田義盛の甥で、朝廷軍の大将軍。

三浦胤義は三浦義村の弟で、政子の言葉からすると朝廷軍の中心的人物だったと考えられる。


 リンクボタン三浦義村の弟・胤義

 リンクボタン北条泰時の出陣


承久の乱

 承久の乱は、後鳥羽上皇が起こした鎌倉幕府打倒の兵乱。

 後鳥羽上皇方の敗北により、後鳥羽上皇・順徳上皇・土御門上皇が流され、後鳥羽上皇に加担した公家・武士などの所領は没収。

 朝廷の動きや西国御家人を監視するため六波羅探題が設置された。

宇治川の戦い〜承久の乱〜







鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉あじさいめぐり 2019鎌倉あじさい情報
明月院のアジサイ 長谷寺のアジサイ