鎌倉手帳(寺社散策)

北条泰時の出陣
〜承久の乱〜

編集:yoritomo-japan.com







 『吾妻鏡』によると・・・

 1221年(承久3年)5月14日、幕府打倒の挙兵をした後鳥羽上皇は、北条義時追討の宣旨を発布(承久の乱)。

 これに対し、幕府では、北条政子が「故右大将(源頼朝)の恩は山よりも高く、海よりも深い・・・」と説いて御家人の結束を固めた。

 御家人らが参集した会議では、足柄峠と箱根山に関を設けて朝廷軍を迎え撃つという作戦も出されるが、大江広元が上洛すべきと主張。

 さらに、政子は「すみやかに上洛せよ」と命じた。

 そして・・・

 1221年(承久3年)5月22日早朝、北条泰時が18騎で出陣。

 何故、たった18騎だったのか?

 それは、その前日に、こんなやりとりがあったから。

 「上洛することを決定してから、日が経ち過ぎたので、いろんな異議が出てくる頃です。

 皆の気が変わる前に、総大将の泰時さまが一人でも出陣すれば、関東の御家人は悉く、雲が龍に従うが如く従ってくるでしょう」

 と大江広元が主張したから。

 このことを政子が三善康信に問うと、

 「まず、京へ向けて出陣するべき」

  と答えたのだという。

 それを受けた義時は、直ちに泰時に出陣するよう命じ、その夜、泰時は稲瀬川の藤沢清親の屋敷に泊まったのだとか。

 泰時の出陣によって、関東の御家人は悉く京へ向けて出発。

 その数は19万騎に達したのだという。


承久の乱

北条政子の言葉

宇治川の戦い〜承久の乱〜

 承久の乱は、後鳥羽上皇が起こした鎌倉幕府打倒の兵乱。

 後鳥羽上皇方の敗北により、後鳥羽上皇・順徳上皇・土御門上皇が流され、後鳥羽上皇に加担した公家・武士などの所領は没収。

 朝廷の動きや西国御家人を監視するため六波羅探題が設置された。







鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
献詠披講式 桜の開花・見頃情報
観桜会 鎌倉まつり
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜