鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



小 動 神 社
〜鎌倉:腰越〜


編集:yoritomo-japan.com







小動神社


 小動神社(こゆるぎ)は、文治年間(1185〜90)、江ノ島詣でに訪れた佐々木盛綱が、近江の八王子社を勧請したのが始まりという。

 小動神社の建つ小動岬には、風もないのに揺れる松があり、「こゆるぎの松」と呼ばれていたことから、「小動」の名が付いたといわれる。

 盛綱はこの松を「天女遊戯の霊木」と称賛したという。

 新田義貞は、鎌倉攻めの際、八王子社に戦勝祈願し、後に、太刀一振と黄金を寄進した。

 明治の神仏分離によって「八王子社」から「小動神社」と改められた。

 7月の天王祭では、江ノ島八坂神社の神輿との行合祭が行なわれる。


祭神

建速須佐之男命
建御名方神
日本武尊
歳徳神



〜八王子社とは〜

 全国の八王子社で祀られていたのは、日吉山王権現もしくは牛頭天王(ごずてんのう)の眷属である八人の王子(八柱御子神)。

 明治の神仏分離によって日吉山王権現・牛頭天王は廃された。






小動神社狛犬 小動神社狛犬
赤いほっかむりをした狛犬。
狛犬は地元の漁師の寄進。


〜境内社〜

第六天社
第六天社
海神社
海神社
(わたつみ)

金毘羅宮と稲荷社
金比羅宮と稲荷社



鎌倉・浄泉寺
リンクボタン浄泉寺

 浄泉寺は小動神社の別当寺院だった。

 神仏分離後もしばらく浄泉寺に管理されていた(1917年(大正6年)7月まで)。



〜八王子社を勧請した佐々木盛綱〜

 佐々木盛綱は、近江国の宇多源氏の棟梁佐々木秀義の三男。

 父秀義は1159年(平治元年)の「平治の乱」源義朝に味方して敗れ、奥州へ逃れる途中、渋谷荘の渋谷重国に匿われた。

 以後、20年余りを渋谷荘で過ごし、子の定綱経高盛綱高綱は、伊豆の蛭ヶ小島に流されていた源頼朝に仕えるようになる。

 1180年(治承4年)の頼朝挙兵では、四兄弟が馳せ参じ活躍した。

 最初の戦いとなった山木館襲撃では、盛綱は加藤景廉とともに伊豆国目代の山木兼隆を討ち取っている。

 このとき一番矢を放ったのは兄の経高だった。

 弟の高綱は、のちの宇治川の先陣争いで知られている。

 リンクボタン渋谷重国と佐々木四兄弟


早川城址
リンクボタン早川城址
(綾瀬市)



小動岬
展望台からの景色
小動岬
リンクボタン小動岬


鎌倉炎上〜新田義貞の鎌倉攻め〜(okadoのブログ)

新田義貞伝説〜黄金の雌雄の太刀〜(okadoのブログ)



〜1月と7月の例大祭〜

湯花神楽祭
リンクボタン湯花神楽祭
(1月)
天王祭
リンクボタン天王祭
(7月)

 1月の例大祭は湯花神楽祭と呼ばれ、鎌倉神楽が奉納して新しい年の豊作や大漁を祈ります。

 7月の例大祭は天王祭と呼ばれ、江の島八坂神社との行合祭。

 天王祭は祇園信仰の祭礼で、もとは京都八坂神社の祭礼「祇園祭」


〜神輿と人形山車〜

小動神社天王祭神輿
リンクボタン神輿
人形山車
リンクボタン人形山車


天王祭


小動神社天王祭

江の島天王祭







小動神社
小動神社

鎌倉市腰越2−9−12
0467(31)4566

江ノ電「腰越駅」より徒歩5分

日本遺産・いざ、鎌倉

江ノ電



鎌倉:寺社・史跡めぐり
七里ヶ浜・腰越・片瀬

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時