奈良・京都

京都:祇園八坂神社

編集:yoritomo-japan.com







京都:八坂神社


 「祇園さん」と親しまれている祇園八坂神社。

 平安以前の656年(斉明天皇2年)の創建と伝えられている。

 もとは、祇園精舎の守護神とされる牛頭天王を祭神としていたことから、「祇園神社」「祇園社」「祇園感神院」などと呼ばれていたが、明治の神仏分離によって「八坂神社」と改められた。

 現在の祭神は、素戔嗚尊(スサノヲノミコト)、櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)、八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)。

 京都三大祭の一つ「祇園祭」は八坂神社の例祭。

 上の写真は西楼門。

 四条通と東大路に面しているこの楼門が表門のようだが、実は南楼門が表門となる。





京都:八坂神社
本殿
京都:八坂神社
舞殿

京都:八坂神社
リンクボタン南楼門
八坂神社・疫神社
リンクボタン疫神社

八坂神社北向蛭子社
リンクボタン北向蛭子社
(祇園えべっさん)
八坂神大国主社
リンクボタン大国主社
(縁結びの神)

〜新年イベント〜
三社詣

八坂神社祇園神水
リンクボタン祇園神水
(大神宮社前)
八坂神社悪王子社
リンクボタン悪王子社

八坂神社美容水
リンクボタン美容水
(美御前社)
京都:八坂神社忠盛燈籠
リンクボタン忠盛の燈籠


京都:八坂神社







〜祇園乱闘事件〜

 1147年(久安3年)6月、平清盛は宿願成就の田楽を奉納するため八坂社を訪れた。

 しかし、清盛の郎党が武装していたため、社内に入ることを制止されたことから、乱闘となってしまう。

 この事件で八坂社の僧数人が負傷した。

 清盛の父忠盛は、事の重大さに下手人七人を院庁に差し出したが、それだけでは収まらず、延暦寺から訴えられる事件へと発展し、忠盛・清盛父子の流罪を要求する強訴が行われた。

 このとき忠盛・清盛父子は、鳥羽法皇の庇護によって流罪を免れている。

 ※当時の八坂神社は、比叡山延暦寺の末寺だった。


延暦寺
リンクボタン延暦寺



〜祇園祭〜

 「祇園祭」は、当初は「祇園御霊会」と呼ばれていた。

 863年(貞観5年)に疫病が流行した際、神泉苑では「御霊会」が行われるが、その後も疫病の流行が続いたことから、869年(貞観11年)、当時の国の数「66」の矛を立てて、八坂神社から神泉苑へと行列したことが「祇園祭」の始まりと伝えられる。

 本殿の下には「龍穴」と呼ばれる井戸があって、神泉苑と通じているのだという。


神泉苑
リンクボタン神泉苑
山鉾巡行
リンクボタン祇園祭

御手洗井
リンクボタン御手洗井
八坂神社御旅所
リンクボタン御旅所

八坂神社神輿
リンクボタン神輿
冠者殿社
リンクボタン冠者殿社


〜祇園祭で授与される粽〜

粽(ちまき)
リンクボタン粽(ちまき)

 笹の葉で作られた厄病・災難除けのお守り。

 牛頭天王と蘇民将来の伝説が残されたお守りです。







京都:八坂神社
八坂神社

京都市東山区祇園町北側625

JR京都駅から市内循環バス
「祇園」下車すぐ。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり