奈良・京都

後鳥羽天皇京都文化博物館特別展「よみがえる承久の乱」  武士2022年の大河ドラマは北条義時!  八坂神社八坂神社本殿が国宝に。

祇園祭のちまき
〜牛頭天王と蘇民将来〜

編集:yoritomo-japan.com







祇園祭の粽(ちまき)


 むかしむかしの話。

 嫁探しの旅に出た牛頭天王(須佐之男命)。

 一夜の宿を求めていると立派な屋敷がありました。

 大金持ちの蘇民巨旦(そみんごたん)の家です。

  しかし、「貧乏人は泊められない」といって断られてしまいます。

 困った牛頭天王。

 すると、蘇民将来(そみんしょうらい)という男が話しかけてきました。

 「私の家にお泊り下さい」

 将来は巨旦の兄でしたが貧乏な暮らしをしていたそうです。

 それでも将来は粟飯を炊いて牛頭天王をもてなしました。

 喜んだ牛頭天王は、

  「あなたの子孫は末代まで私が護ってあげよう」

 と言って茅の輪を渡します。

  その後、疫病が流行った時・・・

  蘇民将来は牛頭天王の茅の輪を腰に巻いていたことで助かり、弟の蘇民巨旦は一家全員死んでしまったそうです。


 祇園祭で授与される「ちまき」には、「蘇民将来子孫也」という護符が貼られています。

 「私は蘇民将来の子孫です。病気や災いから護って下さい」という意味があるのだとか・・・。


八坂神社・疫神社
リンクボタン疫神社

 蘇民将来を祀る八坂神社の摂社。

 祇園祭の最後の神事が行われる社。






〜茅の輪くぐり〜

茅の輪
リンクボタン鶴岡八幡宮の茅の輪

 全国の多くの神社で行われる夏越の祓では、茅の輪をくぐって無病息災を祈ります。

 これは、蘇民将来の伝説を起源とする神事なのだといいます。



〜鎌倉の北条氏邸の呪符〜

蘇民将来子孫家也急々如律令
リンクボタン蘇民将来子孫家也急々如律令

 鎌倉の北条泰時北条時頼の邸跡から出土した木札(呪符)。

 北条氏も屋敷の入り口に魔除けの札を打ち付けていたようです。



山鉾巡行
リンクボタン祇園祭

 祇園祭は、869年(貞観11年)から続く八坂神社の祭礼。


八坂神社神輿
リンクボタン御旅所

 7月17日の神幸祭から7月24日の還幸祭まで神輿が奉安される場所。







八坂神社
リンクボタン八坂神社

京都市東山区祇園町北側625

JR京都駅から市内循環バス
「祇園」下車すぐ。



八坂神社・御手洗井・御旅所
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり