奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:東天王岡崎神社

編集:yoritomo-japan.com







京都:岡崎神社


 岡崎神社は、794年(延暦13年)、桓武天皇が平安京遷都の際に、王城鎮護のため、都の四方に建立した社の一つ。

 都の東に位置することから別名「東天王」とも呼ばれた。

 869年(貞観11年)、清和天皇の勅命により社殿を造営。

 1319年(元応元年)、後醍醐天皇が再建、1452年(享徳元年)には室町幕府八代将軍足利義政が修造したという。

 かつて付近一帯が野兎の生息地であったことから、兎が氏神様の神使とされる。


祭神

素戔嗚尊
(すさのおのみこと)
櫛稲田媛命
(くしなだひめのみこと)
三女五男八柱御子神
(やはしらのみこがみ)






岡崎神社招き兎
金運招き兎
岡崎神社招き兎
縁結び招き兎


岡崎神社狛兎
狛うさぎ

 祭神の素戔嗚尊と櫛稲田媛命は子宝に恵まれた安産の神。

 野兎も多産なことから狛兎を撫でて祈願する。







京都岡崎神社
岡崎神社

京都市左京区岡崎東天王町51

・市バス《32系統》《203番系統》《93番系統》《204系統》「岡崎神社前」下車
・市バス《5系統》「東天王町」下車
・京阪 神宮丸太町駅下車
・地下鉄東西線 蹴上駅下車



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時