鎌倉手帳(寺社散策)

辻の薬師堂
=薬師如来と十二神将=

編集:yoritomo-japan.com







辻の薬師堂


 辻の薬師堂は、本興寺の目の前にある小さなお堂。

 廃寺となった真言宗医王山長善寺の薬師堂だった。

 長善寺は、奈良時代の神亀年間、染屋時忠が「鷲にさらわれた娘の遺品」が見つかった名越に建立した寺院で、のちに現在の地に移された。

 江戸時代には徳川光圀も訪れたという。

 堂内にあった「木造薬師三尊及十二神将立像」は鎌倉国宝館に寄託され、現在置かれている薬師三尊及び十二神将立像2躯はそのレプリカ。


 染屋時忠は、藤原鎌足の四代目の子孫で、関東諸国の総司令官。
 鎌倉最古の甘縄神明神社を建立したといわれる。


〜染屋時忠の娘に関する伝説〜

来迎寺(如意輪観音) 魔の淵のお地蔵さま 妙法寺(鷲の宮)
六国見山(稚児墓) 多聞院(岡野観音) 塔ノ辻





辻の薬師堂
堂内

 辻の薬師堂に伝わる薬師如来立像(県重文)は平安時代のもの。

 行基作とも伝えられ、廃寺となった東光寺(現鎌倉宮)の本尊だったとされている(脇侍像は江戸時代のもの)。

 また、十二神将立像(県重文)は覚園寺像の原型と伝えられ、鎌倉の十二神将では最も古い(8躯が鎌倉時代のもので、4躯が江戸時代のもの)。


 鎌倉国宝館で修復された「薬師三尊及十二神将立像」を拝観することができる。

 東光寺は、現在の鎌倉宮が建つ地にあったといわれている。
 護良親王が殺害されたことにより廃寺となった(参考:護良親王の墓)。






辻の薬師堂
辻の薬師堂

鎌倉市大町2丁目
本興寺の前)

鎌倉駅東口から徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町から材木座・小坪

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


御鎮座記念祭:御神楽 納めの観音・歳の市
鎌倉の紅葉 湘南の宝石
大祓式 除夜の鐘
鎌倉初詣特集 鎌倉新年イベント