奈良・京都

紫式部 紫式部年表



塩津神社
塩津浜:紫式部ゆかりの地

編集:yoritomo-japan.com








塩津神社


 塩津神社(しおづじんじゃ)は、琵琶湖北岸の塩津浜に鎮座する社。

 創建年は不明だが、『延喜式神名帳』に所載されている「鹽津神社」と推定されている古社。

 伝承によると、この地域には塩池があって製塩業を行われ、その者たちによって塩土老翁神を祀ったのがはじまりなのだという。

 のちに彦火火出見尊と豊玉姫尊を合祀。

 996年(長徳2年)、父・藤原為時に同行して越前国武生へ下向する紫式部が参拝し、旅の安全を祈願したのだという。



塩津神社





塩津浜
リンクボタン塩津浜
塩津浜の万葉歌碑
リンクボタン万葉歌碑


 996年(長徳2年)、父藤原為時に同行して越前国へ下向する紫式部は、打出浜から船出して塩津浜に上陸。

 塩津山を越えた一行は敦賀に入り、敦賀から木ノ芽峠を越えて越前国府のある武生へ向かったのだという。

 塩津浜の万葉歌碑には、紫式部が塩津山を越える時に詠んだ歌が書きつけられている。



越前下向:紫式部が通った道


紫式部の歌





紫式部公園
リンクボタン紫式部公園
(越前市)
紫式部像
リンクボタン紫式部像
(紫式部公園)


 紫式部は、娘時代の2年間を父・藤原為時の任国・越前で過ごした。

 越前市には紫式部公園が整備され、金色の紫式部像が建てられている。



リンクボタン一条天皇に漢詩を奏上して越前守となった藤原為時

リンクボタン宋人と詩を唱和した紫式部の父・藤原為時




紫式部


紫式部と越前国


源氏物語 光源氏


琵琶湖で紫式部・源氏物語 平安宮~源氏物語ゆかりの地~


源氏物語~須磨・明石~ 宇治十帖~紫式部『源氏物語』~



藤原道長


藤原彰子










塩津神社
塩津神社

滋賀県長浜市西浅井町塩津浜547

JR「木ノ本駅」からバス、「塩津浜」下車



紫式部の越前国下向
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



琵琶湖で
紫式部・源氏物語・光る君へ

大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



紫式部・源氏物語・光る君へ
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。









奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





紫式部 紫式部年表


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時