紫式部「光る君へ」

★大河ドラマ館2月23日オープン!


越前国府
~紫式部が暮らした越前国の中心都市~


編集:yoritomo-japan.com








越前国府の碑


 国府は、奈良時代から平安時代に国司が政務を執った役所(国庁)が置かれた都市。

 国庁のほかにも、聖武天皇が国家鎮護のため建立を命じた国分寺や国分尼寺、その国の神社の祭神を 合祀した総社(惣社)が設置されていた。

 越前国の国府は武生に置かれていたとされているが、その位置がはっきりしない。

 ただ、総社国分寺があり、御霊信仰に基づく御霊神社があることから武生に置かれていたことは間違いない。

 何より、紫式部『源氏物語』には「武生の国府」とある。




越前国分寺
リンクボタン越前国分寺

 全国の国分寺の総本山は、総国分寺とされた大和国の東大寺

 各国の国分寺は、国庁とともにその国の最大の建築物だった。

 越前国分寺がどこに創建されたのかは不明。

 現在は延暦寺の末寺。



総社大神宮
リンクボタン総社大神宮

 総社大神宮は、中央から派遣された国司が、着任後に参拝した社。



御霊神社
リンクボタン御霊神社

 御霊神社は、桓武天皇の皇子・早良親王の霊を鎮めるため、全国の国司に建立が命じられた社なのだという。

 武生に御霊神社があるのは、国府があった証拠といわれている。



本興寺
リンクボタン本興寺

 本興寺の境内は、国府の中核施設が眠る有力候補地と推定されている。





紫式部公園
リンクボタン紫式部公園

 996年(長徳2年)、紫式部は越前守に叙任された父の藤原為時に同行して越前国へ下向。

 紫式部公園は、紫式部が越前国に下向したことを記念して整備された公園で、平安朝式庭園が再現されている。



紫式部像
リンクボタン紫式部像
(紫式部公園)

 紫式部公園には、十二単衣をまとった金色の紫式部像が置かれている。




越前下向:紫式部が通った道





~松原客館~

 松原客館は、渤海の使節団(渤海使)を迎えるために建てられた施設。

 渤海の滅亡後は、宋の商人や官人の迎賓・宿泊施設として使用されていたらしい。

 紫式部の父・藤原為時は、敦賀に滞在していた宋の商人・朱仁聡らの交渉相手として越前国司に任命されたともいわれている。



気比の松原
リンクボタン気比の松原

(敦賀市)
気比神宮
リンクボタン気比神宮

(敦賀市)


 松原客館があった正確な場所は不明だが、気比の松原付近にあったのではないかといわれている。

 また、気比神宮が管理していたことから気比神宮付近にあったという説もある。



リンクボタン宋人と詩を唱和した紫式部の父・藤原為時

リンクボタン中宮・彰子に新楽府を進講する紫式部(紫きぶ七橋)











紫式部の越前国下向
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



紫式部・源氏物語・光る君へ
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



紫式部


紫式部と越前国


源氏物語 光源氏


紫式部の京都 平安宮~源氏物語ゆかりの地~


琵琶湖で紫式部・源氏物語 源氏物語~須磨・明石~


宇治十帖~紫式部『源氏物語』~ 源融・藤原実方ゆかりの陸奥国


紫式部年表


藤原道長


藤原彰子



紫式部・源氏物語・光源氏ゆかりの地めぐり~光る君へ~



葵祭

祇園祭

時代祭