奈良・京都

紫式部 紫式部年表



石山寺の紫式部像

編集:yoritomo-japan.com








紫式部像
紫式部の銅像


 紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人・官僚。

  998年(長徳4年)頃、藤原宣孝と結婚するが、わずか3年後の1001(長保3年)4月25日、宣孝は疫病のため卒去。

 その現実を忘れるために物語を書き始めるが、それが評判となり、一条天皇の中宮彰子藤原道長の娘)に仕えるようになる。

 そして、宮仕えをしながら完成させたのが『源氏物語』



リンクボタン『枕草子』:藤原宣孝の逸話〜清少納言と紫式部〜



「唐衣裳」(十二単)〜平安時代の宮中に仕える女房の装束〜





紫式部像
リンクボタン源氏の間

 「源氏の間」本堂の相の間にある部屋。

 1004年(寛弘元年)8月15日、石山寺に参籠中だった紫式部は、中秋の名月が琵琶湖に映る美しい景色を見て、『源氏物語』を書き始めたのだという。

 最初に書いたのは須磨・明石の巻らしい。



源氏物語〜須磨・明石〜





紫式部供養塔
リンクボタン紫式部供養塔

 紫式部の供養塔は、国の重要美術品に認定されている。 



リンクボタン源氏供養〜地獄に落とされた紫式部の供養〜





須磨寺
リンクボタン須磨寺
(神戸市)
須磨寺源平の庭
リンクボタン源平の庭
(神戸市)


 「須磨には、年返りて、日長くつれづれなるに、植ゑし若木の桜ほのかに咲き初めて、空のけしきうららかなるに、よろづのこと思し出でられて、うち泣きたまふ折多かり」

 「若木の桜」は光源氏紫の上を想って植えた桜。

 須磨寺源平の庭に「若木の桜跡」が残されている。





〜紫式部の泉と石山紫の道〜

紫式部の泉
リンクボタン紫式部の泉
石山紫の道
リンクボタン石山紫の道


 京阪石山寺駅前の「紫式部の泉」は、『源氏物語絵巻』をモチーフにした噴水。

 「石山紫の道」は、石山寺駅から石山寺までを『源氏物語』に登場する草花で彩ろうというプロジェクト。





〜大河ドラマ館〜

光る君へ びわ湖大津 大河ドラマ館


 「光る君へ びわ湖大津 大河ドラマ館」は、境内の明王院に設置。





紫式部


紫式部と越前国


源氏物語 光源氏


琵琶湖で紫式部・源氏物語 平安宮〜源氏物語ゆかりの地〜


源氏物語〜須磨・明石〜 宇治十帖〜紫式部『源氏物語』〜



藤原道長


藤原彰子









紫式部

歴史めぐり源頼朝




石山寺
リンクボタン石山寺

 石山寺は、聖武天皇の勅願によって良弁が開いた。
 東大寺との関りが深い寺院。
 日本最古といわれる国宝の多宝塔は、源頼朝の寄進と伝えられる。



琵琶湖で頼朝・義経・義仲・紫式部
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。








奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり





紫式部 紫式部年表


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時