鎌倉手帳(寺社散策)

源範頼の謀叛
曾我兄弟の仇討ちと範頼の最期

編集:yoritomo-japan.com







 源範頼は、源義朝の六男。源頼朝の異母弟。

 1180年(治承4年)に頼朝が挙兵した後、いつ参戦したかは不明だが、1183年(寿永2年)7月の志田義弘との野木宮合戦に援軍として出陣。

 1184年(寿永3年)1月の木曽義仲追討では、弟の義経宇治から、範頼が瀬田から攻めて義仲を滅ぼした。

 平家追討では、1184年(寿永3年)2月の一ノ谷の戦いで平家軍を敗走させ、九州へ進軍し、翌年3月、壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼした。

 1189年(文治5年)の奥州合戦にも参戦し、源氏一門として鎌倉幕府でも重きをなしていた。


瀬田の唐橋
リンクボタン瀬田の唐橋



〜範頼謀反の疑い〜

 1193年(建久4年)5月、頼朝富士裾野の巻狩りを催すが、5月28日夜半、曽我兄弟(十郎祐成と五郎時致)が工藤祐経を討つという事件が発生(曽我兄弟の仇討ち)。

 『保暦間記』によると、鎌倉には「頼朝も討たれた」という誤報が伝わり、心配する北条政子に対して範頼は「私がいるから心配ない」と発言したのだという。

 後日、それを聞いた頼朝は、範頼の謀叛を疑ったのだとか。



〜起請文〜

 『吾妻鏡』によると、

 曽我兄弟の仇討ちから約2ヵ月が過ぎた8月2日、頼朝に謀叛の疑いを持たれてしまった範頼は、誓の起請文を書いて提出。

 だだ、起請文の署名が三河守源範頼となっていたため、 頼朝は「源の文字を使うのは、源家の一族と思っているのだろうが、すこぶる思い上がりである」 として激怒。

 その報告を受けた範頼は、あわてふためいたという。

『吾妻鏡』には、頼朝が範頼謀反を疑った理由について記録されていない。


源範頼が書いた起請文



〜当麻太郎が御所に忍び込む〜

 8月10日、範頼の家人・当麻太郎が、頼朝の本心を確かめようと頼朝の寝所の床下に忍び込むが、頼朝に感づかれて捕らえられた。

 忍び込んだ理由は、範頼が起請文を提出した後、音沙汰がなかったため、頼朝の本心を確かめようとしたのだという。

 当麻は言葉を尽くして陳謝したが、その行動は常軌を逸しており、不審ありと判断されてしまう。 

当麻の行動について問われた範頼は「知らない事」と答えている。



〜伊豆国配流〜

 8月17日、範頼は伊豆国の狩野宗茂、宇佐美祐茂に預けられ、当麻太郎は頼朝の娘大姫が病気だったことから処刑を免れ、薩摩国へ流された。

 翌18日には、範頼の家人の橘太左衛門尉、江瀧口、梓刑部丞らが館に籠って武器を手入れしているとして、結城朝光、梶原景時仁田忠常らに討伐され、20日には曽我兄弟の同腹の弟・原小次郎が範頼の縁座として処刑されている。

 その後、範頼がどうなったのか『吾妻鏡』から知ることはできないが、誅殺されたのだと伝えられている。

縁座は、犯罪人の家族や家人を罰することで、処刑された原小次郎は範頼の家人だったのかもしれない。

曽我兄弟のもう一人の弟・律師は、7月2日、鎌倉に呼び出され、甘縄で自害している。


修禅寺
リンクボタン修禅寺
(伊豆市)
庚申塔
リンクボタン信功院跡
(伊豆市)

 伊豆に流された範頼は、修禅寺信功院に幽閉されたのだと伝えられている。

源範頼の墓
リンクボタン源範頼墓
(伊豆市)



 範頼の最期には異説もあって、越前に落ちて生涯を終えた説や、武蔵の吉見に逃れて吉見氏となった説などがある。

 また、横浜市金沢区には、修禅寺を逃れた範頼が最期を遂げたとする太寧寺があり、本尊が範頼の念持仏という薬王寺がある。


源範頼の墓
リンクボタン源範頼墓
(横浜:太寧寺)
石戸蒲ザクラ
リンクボタン石戸蒲ザクラ
(埼玉県北本市)







曾我兄弟の墓
リンクボタン曽我兄弟の墓
(小田原市・城前寺)

頼朝の富士巻狩りと曽我兄弟の仇討ち

曽我兄弟の仇討ち

源平合戦

歴史めぐり源頼朝



曾我兄弟の仇討ち・・・(okadoのブログ)

源頼朝の弟範頼(okadoのブログ)

富士裾野の巻狩と曾我兄弟の仇討ち・・・(okadoのブログ)



歴史めぐり源頼朝



鎌倉:合戦・謀反・暗殺の歴史



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


逗子海岸流鏑馬 江ノ電タンコロまつり
御鎮座記念祭:御神楽 納めの観音・歳の市
まんだら堂やぐら群 湘南の宝石
鎌倉の紅葉 長谷寺紅葉ライトアップ