鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉検定 夏だ!休みだ!鎌倉だ!



花は桜木、人は武士
ぱっと咲いた義経桜
潔く散った重忠桜

編集:yoritomo-japan.com








 「花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖はもみじ、花はみよしの」

 これは、室町時代の禅僧・一休宗純の名言。

 花は桜がすばらしい。

 そして、ぱっと咲いてぱっと散る桜のように、美しく咲き潔く散る武士はすばらしい。





源義経騎馬像
桜源義経像
(徳島県小松島市 旗山)


 1184年(寿永3年)1月20日、源義経宇治川の戦いで花を咲かせました。

 同年2月7日には一ノ谷の戦いで、翌年2月19日には屋島の戦いで平家を敗走させます。

 そして3月24日、壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼしました。

 義経が歴史上で輝いていたのはこの1年。

 ぱっと咲いた義経桜でした。



壇ノ浦古戦場・源義経
桜源義経像
(壇ノ浦古戦場)


 その後、兄の頼朝と不仲となってしまった義経は、「花はみよしの」の吉野山で愛妾と別れ、奥州平泉へ。

 1189年(文治5年)閏4月30日、衣川館で最期を遂げます。





畠山重忠像
リンクボタン畠山重忠像
(深谷市 畠山重忠公史跡公園)


 「鎌倉武士の鑑」といわれた畠山重忠は、1205年(元久2年)6月22日​、北条時政の謀略により、武蔵国の二俣川で最期を遂げました。



武蔵御嶽神社畠山重忠像
リンクボタン畠山重忠像
(青梅市 武蔵御嶽神社)


 重忠は、僅か150騎を従えていたのみで、家臣からは引き返すよう進言されますが・・・

 「潔く戦うことが武士の本懐」

 として討伐軍を迎え撃つことにしたのだといいます。





宇治川の戦い 一ノ谷の戦い

屋島の戦い 壇ノ浦の戦い


源義経最期の地 畠山重忠の乱


源義経 畠山重忠










鎌倉の桜情報



段葛の桜 源氏池の桜

源氏山・葛原岡神社の桜 鎌倉大仏と桜

長谷寺の桜 光明寺の桜

建長寺の桜 明月院の枝垂れ桜

本覚寺の枝垂れ桜 妙本寺の桜



ヤマザクラ オオシマザクラ


桐ヶ谷 普賢象



桜の開花予想・開花状況


神の国に咲く神の花











大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


桜の次はアジサイ!
鎌倉アジサイ情報





鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の桜 鎌倉のアジサイ
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


鎌倉検定 夏だ!休みだ!鎌倉だ!