鎌倉手帳(寺社散策)

段 葛 の 桜
〜鶴岡八幡宮〜

編集:yoritomo-japan.com







段葛の桜


 段葛源頼朝北条政子の安産祈願のために造らせたといわれる鶴岡八幡宮の参道です。

 2014年(平成26年)11月4日から整備工事によって、桜の植え替えが行なわれ、茨城・千葉・埼玉などから樹齢5年程度の若い樹が移植されています。

 248本あった桜の樹も177本に減らされ、根を保護するため、参道には貯留槽と基盤材が埋設され、特殊舗装が施されました。

 2020年で5回目の開花です。


2016年(平成28年)からの過去4回の観察結果からすると、段葛の桜は他所より開花が遅いのですが、開花が始まると一気に満開になります。





段葛の桜

 造営当初の段葛は、由比ヶ浜の一の鳥居まで続いていたといわれていますが、現在は二の鳥居から三の鳥居までの約500メートルが残されているのみとなりました。

 明治時代まで何も植えられていなかったようですが、現在は、「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道です。


段葛の桜

段葛の桜

 参道の段葛を過ぎて三の鳥居をくぐると右に見えてくるのが、人気の花見スポット源氏池。

 源氏池の桜の下には春ぼたんが咲きます。


段葛の桜

 鶴岡八幡宮を参拝したら、観て頂きたいのが上宮(本宮)楼門前から景色。

 参道の3つの鳥居と「桜の道」となった段葛がきれいに見えます。

 その先には海も。

 上宮楼門前からの景色は、1289年(正応2年)に鎌倉を訪れた後深草院二条も「海をはるかに見渡すことができるので、石清水八幡宮より見どころがある」と評しています。





段葛の整備工事
桜段葛の整備工事
竣功式・通り初め
桜竣功式と通り初め

段葛の桜
桜整備工事前の桜







段葛の桜
桜段葛
鶴岡八幡宮源氏池の桜
桜源氏池の桜
(鶴岡八幡宮)

 鶴岡八幡宮の参道は、二の鳥居から三の鳥居まで桜並木の段葛が続きます。

 鎌倉駅東口から若宮大路に出てすぐ。


鶴岡八幡宮
桜鶴岡八幡宮

鎌倉市雪ノ下2−1−31

鎌倉駅東口から徒歩10分


桜鶴岡八幡宮の春と桜



〜桜の名所〜
鎌倉の桜情報

〜開花予想・開花状況・満開予想〜
2020桜の開花予想・開花状況

鎌倉桜物語!
〜見頃の桜・イベント情報〜

2020鎌倉で花見


桜:開花・見頃情報
2020鎌倉の桜:開花・見頃情報


鶴岡八幡宮・鎌倉駅周辺の桜



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)