鎌倉手帳(寺社散策)

緊急事態!外出自粛!我慢!

普 賢 象
〜鎌倉原産の桜〜

編集:yoritomo-japan.com







普賢象


 「普賢象」(ふげんぞう)と呼ばれる八重桜。

 ソメイヨシノの後に開花する遅咲きの桜です。

 鎌倉に室町時代からある品種で、材木座の桐ヶ谷にあった普賢菩薩を祀る堂の横に咲いていたことから「普賢堂」と呼ばれるようになり、のちに「普賢象」と呼ばれるようになったのだといいます。

 八重桜では日本最古の品種。 

 オオシマザクラの突然変異で、同じく鎌倉原産の桐ヶ谷の後発品種なのだそうです。


普賢象


 桐ヶ谷足利尊氏によって京都に運ばれ、京都御所の左近の桜として植えられますが、同じ頃、普賢象も京都に運ばれて植えられたようです。

 室町幕府3代将軍の足利義満は、京都仁和寺辺りに植えられていた普賢象の美しさに心を打たれたのだといいます。

 また、後小松天皇を北山殿に招いた際、御小松天皇から引接寺(千本ゑんま堂)の桜を薦められ、境内に咲き誇る普賢象を観て感嘆したのだとも伝えられています。


普賢象

 花の中心に象の牙に似た緑色の雌しべが二本伸びていることから普賢象と呼ばれるようになったのだともいわれています。


写真は大船フラワーセンターの桐ヶ谷。



〜もう一つの鎌倉原産の桜〜

桐ヶ谷
桜桐ヶ谷

写真は大船フラワーセンターの桐ヶ谷。







鎌倉の桜情報


桜:開花・見頃情報
2020鎌倉の桜:開花・見頃情報


鎌倉:伝説の桜

玉縄桜



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)