鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:新型コロナウィルスの影響によるイベント等の開催の有無

オオシマザクラ
鎌倉市の木


編集:yoritomo-japan.com







オオシマザクラ
源氏山のオオシマザクラ


 鎌倉市の木「ヤマザクラ」は、ヤマザクラとオオシマザクラの総称。

 1975年(昭和50年)10月25日に制定されました。

 オオシマザクラは、伊豆大島をはじめとする伊豆諸島に多く生育する日本を代表する野生種の一つ。

 成長が早く、薪として使用されたことから「薪桜」(たきぎざくら)とも呼ばれ、伊豆半島、三浦半島、房総半島などに持ち込まれました。

 多くの出船入船で賑わった鎌倉の材木座にも持ち込まれ、その増殖の過程で誕生したのが、足利尊氏によって京都御所に植えられたという「桐ヶ谷」(きりがや)なのだと言われています。

 桐ヶ谷の後発品種「普賢象」(ふげんぞう)も京都に持ち込まれ、仁和寺辺りに植えられたのだと伝えられています。


オオシマザクラ

 見頃は3月中旬ころからで、同じ場所でも開花期が異なるので長い期間楽しめます。



〜鎌倉原産の桜〜

鎌倉桜桐ヶ谷
桜桐ヶ谷
普賢象
桜普賢象

 桐ヶ谷(きりがや)と普賢象(ふげんぞう)は、いずれもオオシマザクラの突然変異種で、鎌倉原産の桜。

 京都でも愛された桜で、桐ヶ谷足利尊氏京都御所の左近の桜として植えたと伝えられ、普賢象は足利義満がその美しさに感嘆したとのだと伝えられています。



〜ヤマザクラとオオシマザクラ〜

ヤマザクラ
桜ヤマザクラ
ヤマザクラ
オオシマザクラ

 ヤマザクラとオオシマザクラは、葉の成長とともに花を咲かせます。

 赤茶色の葉を出して咲くのがヤマザクラ、緑の葉を出して咲くのがオオシマザクラ。







 鎌倉の桜


玉縄桜

〜鎌倉原産の桜〜
(京都で人気を集めた鎌倉桜)

鎌倉桜〜桐ヶ谷〜 普賢象


桜:開花・見頃情報
2020鎌倉の桜情報



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)