鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

頼朝公墓前祭
〜源頼朝墓(法華堂跡)〜

編集:yoritomo-japan.com







頼朝公墓前祭


 毎年4月13日、源頼朝墓前では、頼朝の遺徳を偲ぶ「墓前祭」が執り行われます。

 1180年(治承4年)、源氏再興の願いを込めて挙兵した頼朝は、石橋山の戦いで敗れはしたものの、海路安房に渡ると、清和源氏の嫡流として多くの武将に迎え入れられ、10月6日、大軍を率いて鎌倉に入りました。

 鎌倉入りを果たした頼朝は、鶴岡八幡宮を再興して、大倉の地に御所を構えます。

 12月12日、完成した御所には、300人を超す武将が参集したといいます。

 その頼朝の御所が、のちに「鎌倉幕府」と呼ばれます(参考:大倉幕府跡)。

 源頼朝墓は、大倉幕府のあった北側の山の中腹に、大倉幕府跡を見下ろす形で建てれられています。

 現在の頼朝墓は、江戸時代に薩摩藩主の島津重豪が建てたもの。

 島津氏は、頼朝の御落胤とされる忠久を祖とすると伝えられ、墓前祭には、島津家の方々も参列して執り行われます。


〜丹後局と源頼朝の御落胤伝説〜

住吉大社誕生石
リンクボタン誕生石
(大阪・住吉大社)

 伝説によると、源頼朝の子を身籠った丹後局は、北条政子から逃れるため、本田次郎親経の手引きで摂津住吉に至った。

 そこで産気づいた丹後局は、住吉明神の大石を抱いて男児を出産。

 のちにそれを知った頼朝は、その子に薩摩・大隅二か国を与えた。

 その子というのが島津氏の祖・忠久なのだという。


〜鎌倉まつりの協賛行事〜

頼朝公墓前祭

 頼朝公墓前祭は「鎌倉まつり」の協賛行事。

 かつては、鎌倉まつりの最後を飾っていたようです。


鎌倉まつり


リンクボタン「いざ鎌倉の武者行列」から始まった「鎌倉まつり」





旧相模川橋脚
リンクボタン旧相模川橋脚

 源頼朝は、1198年(建久9年)12月27日、相模川の橋供養に出掛けます。

 相模川に架けられた橋は、御家人稲毛重成が亡妻の供養のために造ったものでしたが、その供養の帰路に落馬し、それが原因で翌年1月13日に亡くなったと伝えられています(参考:源頼朝落馬の地)。

 頼朝は、自らが建てた持仏堂に葬られました。

 現在、頼朝の墓が建てられている場所にその持仏堂があったといわれ、後に法華堂と呼ばれています。 



白旗神社
リンクボタン白旗神社

 源頼朝墓の下にあるのは、頼朝を祀る白旗神社


白旗神社例祭
リンクボタン白旗神社例祭

 白旗神社では、頼朝の命日にあたる1月13日に例祭が行われます。







鎌倉まつり

歴史めぐり源頼朝



源頼朝墓
リンクボタン源頼朝墓

 現在の墓塔は、江戸時代に薩摩藩主の島津重豪が建てたもので、島津氏の祖忠久は頼朝の子とも伝えられています。


鎌倉市西御門2丁目

鎌倉駅東口より徒歩15分







鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の桜情報 鎌倉アジサイめぐり
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅