鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝落馬の地
(藤沢市辻堂)

編集:yoritomo-japan.com







源頼朝落馬の地


 源頼朝は、1198年(建久9年)12月27日、武蔵国稲毛(川崎市)を領していた稲毛重成が、亡き妻の冥福を祈るために行った「相模川の橋供養」に参列した。

 その帰路、頼朝は落馬して、翌年命を落としたと伝えられている。

 弟源義経、叔父源行家らや安徳天皇の亡霊に遭い落馬したとも伝えられ、『北条九代記』や『保暦間記』によると、義経の亡霊が現れたのは「八的ヶ原」(やつまとがはら)だったとされている。

 鎌倉時代に弓の練習場として八つの的が置かれたことから「八的ヶ原」と呼ばれ、その場所は現在の藤沢市辻堂なのだという説がある。

 稲村ヶ崎にも安徳天皇の亡霊が現れたという伝説が残されている。

 辻堂には、源頼朝が勧請したとされる宝泉寺もある。


 源頼朝が橋供養の帰りに落馬し、ほどなく亡くなったことは『吾妻鏡』にも記されているが、その詳細は定かではない。





源頼朝落馬の地

三浦藤沢信用金庫辻堂支店の近く



歴史めぐり源頼朝



旧相模川橋脚
リンクボタン旧相模川橋脚

 茅ヶ崎市の旧相模川橋脚の遺跡は、稲毛重成が架けた橋と考えられている。


弁慶塚
リンクボタン弁慶塚
茅ヶ崎・御霊神社
リンクボタン御霊神社


 鶴嶺八幡宮参道にある弁慶塚には、「橋供養から帰路に着いた頼朝の前に、源義経、行家らの亡霊が現れて落馬した」という伝説が残されている。

 鎌倉権五郎景政を祀る御霊神社には、亡霊となって現れた源義経が合祀されている。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
献詠披講式 桜の開花・見頃情報
観桜会 鎌倉まつり
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜