鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼり祭鶴岡八幡宮ぼんぼり祭  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

御 霊 神 社
(源義経を祀る社:茅ヶ崎市)

編集:yoritomo-japan.com







御霊神社


 御霊神社の創建年は不詳だが、隣接する御霊山西運寺にあった毘沙門堂が幾多の変遷を経て御霊神社となったのだという。

 伝説によると・・・

 西運寺の毘沙門堂は、大庭景義が先祖の鎌倉権五郎景政を祀ったのが始まりで、源頼朝の前に亡霊となって現れた源義経が合祀されたのだとか。


〜源義経の亡霊伝説〜

 1198年(建久9年)12月27日、相模川に架けられた橋の供養に参列した源頼朝

 その帰路のこと。

 鶴嶺八幡宮にさしかかったとき、源義経と源行家らの亡霊が現われ、馬が暴れ出して棒立ちとなり、頼朝は落馬。

 その時に負った怪我が原因で翌年の1月13日に亡くなったのだと伝えられている。


源義経
リンクボタン源義経







〜茅ヶ崎で源頼朝を巡る〜

旧相模川橋脚
リンクボタン相模川の橋供養
(旧相模川橋脚)
鶴嶺八幡宮
リンクボタン鶴嶺八幡宮

茅ヶ崎・龍前院
リンクボタン龍前院
茅ヶ崎・弁慶塚
リンクボタン弁慶塚

 龍前院にある10基の五輪塔は、頼朝の落馬の責任をとって自害した警護の者10名の墓ともいわれている。

 弁慶塚源義経一族の霊を慰めるために建てられた塚。

源頼朝落馬の地
リンクボタン頼朝落馬の地
(藤沢市)
源頼朝の墓
リンクボタン源頼朝墓
(鎌倉市)


〜安徳天皇の亡霊が現れたとも。〜

安徳天皇阿弥陀寺陵
リンクボタン安徳天皇陵
(下関市)
稲村ケ崎
リンクボタン稲村ヶ崎
(鎌倉市)







歴史めぐり源頼朝

源頼朝をめぐる茅ヶ崎

浜降祭



御霊神社
御霊神社

神奈川県茅ケ崎市南湖2-9-10

JR東海道線「茅ヶ崎駅」下車
「平塚駅行き」バス「南湖入口」下車


源頼朝をめぐる茅ヶ崎



源頼朝をめぐる・・・茅ヶ崎MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時