鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ紫陽花シーズン到来ですが・・・

曽 我 神 社
〜箱根神社〜


編集:yoritomo-japan.com







箱根曽我神社


 謡曲「曽我物」の舞台となった箱根神社

 境内には曽我兄弟を祀った曽我神社がある。

 1193年(建久4年)5月28日、曽我十郎祐成と五郎時致の兄弟は、父河津祐通(祐泰)の仇として工藤祐経を討ち果たした(曽我兄弟の仇討ち)。

 「曽我物」では、五郎時致は、箱根権現(箱根神社)の稚児の頃、父の仇工藤祐経と会うが、討ち果たすことができず、祐経の人形を作って調伏したと描かれている。

 また、兄祐成は、弟時致の元服を箱根権現の別当行実に願い出たと描かれている。





箱根兄弟杉
曽我神社前の兄弟杉

 曽我兄弟は幼い頃、工藤祐経によって父の河津祐通(祐泰)を殺され、母の再婚相手曽我祐信のもとに預けられた。

 幼名は、兄十郎が一萬、弟五郎が筥王。

 一萬は養父の曽我祐信を烏帽子親として元服し祐成と名乗り、筥王は北条時政を烏帽子親として元服し時致と名乗った。

 曽我兄弟が仇討ちを決行したのは、源頼朝が富士裾野で行った巻狩りのときだった。

 仇討ちの直前の5月16日、箱根権現に参拝した曽我兄弟は、別当の行実から、木曽義仲奉納の「微塵丸」と源義経奉納の「薄緑」という太刀を授かり、見事に仇・工藤祐経を討ち果たしたのだが・・・

 兄祐成は仁田忠常に討たれ、弟時致は御所五郎丸に捕らえられた後、処刑されたと伝えられている。


曽我兄弟五輪塔
リンクボタン曽我兄弟の墓

 芦の湯から精進池への国道1号線沿いに並ぶ五輪塔は、曽我兄弟と祐成の妾・虎御前のものと伝えられている。

 虎御前は大磯の遊女。

 大磯町にある延台寺曽我兄弟を供養するため、虎御前が建てた法虎庵曽我堂を始まりとするのだという。


曽我兄弟の仇討ち

曽我兄弟が仇討ちに使った名刀
(義仲の微塵丸と源義経の薄緑)



富士裾野の巻狩り

頼朝の富士巻狩りと曽我兄弟の仇討ち


報復の連鎖〜曽我兄弟の仇討ち〜(okadoのブログ)







曽我物語図絵
初代歌川広重の『曽我物語図絵』
工藤左ェ門祐経と箱王丸(五郎時致)

 後方には北条時政和田義盛梶原景時景季父子、畠山重忠らも描かれている。


 曽我神社では、兄弟が、傘を松明にして、親の仇を討ったという故事にちなみ、「傘焼きまつり」が行われる。



〜箱根のパワーで運気アップ〜
箱根三社参り

歴史めぐり源頼朝



箱根神社
リンクボタン箱根神社

 1180年(治承4年)、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、箱根権現(箱根神社)の別当行実を頼って逃れた。

 のちに頼朝走湯権現(伊豆山神社)・箱根権現の二所と三嶋社を参詣する「二所詣」を始めている。


神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80−1

伊豆箱根バス「元箱根」下車
箱根登山バス「元箱根港」下車
徒歩10分



〜箱根神社・頼朝MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時